Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

もう5年くらい前に、RHSに入会してたことがあったのだが、
その時の無料配布の種が冷蔵庫に眠っていた。
ふと昨年春に見つけたゲラニューム・プラテンセのミックス種。
発芽するかどうかは疑問だったが、蒔いてみたら2芽の発芽。
その後、ポット苗の状態で冬を越し、春にスリット鉢に植え替えし管理していた。

そして、1鉢から蕾が上がってきた、発芽の時も嬉しかったが蕾を見つけた瞬間も嬉しいもの。
雨が続き、一番花は濃いピンク花だった。(気がついた時にはすでに花びらが散ってしまっていた)
ところが、今朝開花していた花を見てビックリ!
先日の花とどうも違うみたいなのだ。それも青っぽい花。

p7232672-2.jpg

よく見ると花びらの外側が青く中心に向かってピンク色だ。
そう、最初見た花は全部が濃いピンクだった。
ここ数日、低温注意報が出ていたくらいなので気温のせいなのか、、
どちらにしてもなかなかの大輪でお気に入り♪

ちなみにもう1株の方は、葉の形もこの株とは明らかに違うので、来春?の開花が楽しみ。

毎年この時期のお楽しみは生垣代わりにしているラベンダー。
今年は積雪が多くかなりの枝が枯れてしまい、苗を植えてからすでに9年経ち
かなりの大株になっていたせいもあり新芽が出てくるか心配していたが
去年よりこじんまりした株で開花してきた。

そして、恒例のラベンダースティック作りも始まり毎日あの香りに包まれながら内職している。

p7222666.jpg

このスティック、うちでは11本で作っている。
上の画像は編み上げて乾燥してくるのを待っている状態。
編む時に多少きつめに編むのだが、乾燥してくるとリボンが緩くなってくるので
再度リボンを締めなおしてから最後の仕上げにとりかかる。

このスティック作り、無心になれて結構はまるのよん!
それにこの香り、、精神状態が安定してくるのがわかる、眠くなるほど♪

去年は合計で200本近く作ったかなー
もうリボンも無くなってきたので、また仕入れてこないと!
同じ色よりいろんな色で編みたいものね。

しばらくはラベンダーの香りで現実から逃避行飛行機

今日は、はなちゃんをワクチンうちに病院へ行って来ました。
ぶーちゃんが居た頃は、往診を頼んでいたのですけど、今は先生が外へ出ることが
できないそうで(医師が不足らしい)しょうがなくつれていくことに。

はなちゃんはケージに入れても比較的おとなしいお利口さんです。
んが、ひとつだけ困ったことが!
パニックになるせいなのか、、おしっこもらしちゃうんですよーー

去年は確か大丈夫だったのに、、車に乗せたすぐ後に発覚。
はぃ、あたしの膝の上にね、ケージが。。
一旦 家に戻りたかったけど、予約診療だったんで時間に遅れると後回しになってしまうかも~。
ということで、左手と左太ももがおしっこまみれのまま連れていきました。

あのケージって上部が開くタイプが正解ですね~
いやがるにゃんこをケージに入れるのも簡単! 

診察台の上でもお利口さんのはなちゃんは、されるがままに健康診断してもらって
3種混合ワクチンをおしりあたりにブスッ!

そうそう、去年は体重が4.2kg、それが今年は4.7kg。。
ぎゃー、500gも増えてるよーー!! 人間と違ってにゃんこの500gは増えすぎだよーー

明日からちと考えないといけませんねー

と言うことで タイトルのおしっこまみれと言うのは、ブーママのことでしたぁ!(笑

昨年の春に種を蒔いたホリホック、花色はミックス。
かなりの苗ができたが、秋にプランター植えにしたら春までに次々と枯れてしまい
地植えが3株、プランターで生き残った株を早春にラベンダーの奥に地植えした。

通常のホリホックは丈が1mにもなるがとても我が家で伸び伸びと咲かせることは無理なので
60~70cmで開花するDwarfタイプを見つけて蒔いたのだった。
一重も好きだけどこれは八重のタイプ、”Powderpuff”。

最初に開花したのは、薄いクリーム色

hollyhock.jpg


そして今日ラベンダーの奥で目立って開花していたのが濃いピンク色

pinkhollyhock.jpg

この花色、画像で実際の花色を表現するのが難しいな!
派手でなくそれでいて存在感のあるピンク系なのです~

後、数株蕾をつけているので、違う花色が咲いてくれるといいなぁ~楽しみですね。

和名はタチアオイ、下から咲きあがっていくのだが、上まで咲いたら梅雨明けすると言われてます。
この時期、あちこちで一重のタチアオイが咲いてます、それも株立ちで。
来年はぜひ株立ちにして咲かせてみたいです~

前にも「新入りのお花たち」のカテゴリーで記事にしていた薄紫色と薄ピンク色の西洋オキナグサ。
種を採取して少しだけだけど蒔いてみた。
薄ピンク色の方はうまく熟してくれなくてほんの数粒しか採れなかったからリクエストされた方にもお分けすることができませんでした。(ごめんなさいね)

どんなお花かと言うと

p4271401-2.jpg

これが薄紫色の株

p4271405-2.jpg

これが薄ピンク色の株
もっとこのピンク株の種を採りたかったなぁ~~

でー、ラベルを見ると6月23日に蒔いてますねー
今朝、発芽してるのを発見です、双葉が開いた所。と言うことは約2週間ちょっとで発芽!

これから肥培して来年開花を目指してみましょう!
それにしても発芽の瞬間ってホントに感動しますねぇ~~これだからやめられなーい!
続きを読む

今年開花しなかった”バイオレットブルーポピー”

p6262458-2.jpg


今年開花したベトニキフォリアの実生株、1号と2号(共にスリット鉢)

p7092630-2.jpg

↑1号さん よくよく観察してみると、子株らしきものが2つ、脇芽が3つ?
その脇芽から一茎一花のつぼみがでている、そう3つとも!

p7092629-2.jpg

そのひとつがこれ! 中を覗いてみると紫色した花びらが見えてます。
おそらく開花は無理かと。。

p7092631-2.jpg

↑2号さん なにやら根元付近に緑色した葉がでてきてます。
開花後枯れてしまうと思っていたけど、この状態じゃぁ、一緒に避暑地に連れていかんとね~
子株か脇芽かどちらかわからんですねぇ。。(ってちゃんと観察してないだけだ)


避暑地に選んだ場所は、うちより山間の新川
(ここ、ニッカウヰスキーの工場がある所です)
澄んだ水の流れがある川沿いの杉林の端っこに鉢ごと埋めてきました。
もちろん、方角も確かめて。

p7092642-2.jpg

画像上の方向が東、右手が南で柵があり上が開けているので明るいです。
左手は杉林が傾斜になっていてその下に川が流れてます。

夏越しができるよう、ぶーちゃんにお願いしてきましが、、どうでしょうかねぇ。

忘れてしまうんで記録として書いておきまひょ~~

去年のこの時期に比べてかなり気温が低い日が続いてるので、種蒔きもギリギリセーフかな
春、お初に開花して採取した種をいわゆる”採り蒔き”してみます。

★カンパニュラ・バルバータ
シルバーグレーとブルーグレーの2色が咲いたので、採れ始めた種をポット蒔き。

★シンフィアンドラ・ワンネリー
四国のkeiさんから送っていただいたもの。 これもポット蒔き。

それにしてもこの系統、、鼻息でふっとんでしまうほどの細かさだね~
それに種が熟しているのかさえもわからんくらい。
続きを読む

画像はないのだけど、記録として記事にアップしておきまひょ~。

実は1週間くらい前だったか、冷凍庫に残っていた利尻ひなげしの種を蒔いてみたんです。
この種、、もう5年くらい前に北海道の方から送っていただいたもの。
種蒔きして無事に開花させることができ感動させていただきました♪

たくさんの種を送っていただいてたので、残りを冷凍庫に入れたままだったんですねー
時間が経っているんで発芽するのかどうかは少々疑問だったんですけど、2日前くらいから発芽してきたんですよー!

いやぁ~この発芽を見つけた時は、嬉しいものですね~

今回は、先日のアライトヒナゲシのようには蒔き過ぎないよう気をつけたのでそのままの鉢で管理できそうですね。

p6252446-2.jpg

↑ちなみにこれがアライトヒナゲシの鉢です~
今はもっと混みあっております~

タイトルでわかるように、、今朝、一番大株だったホリの実生株の根元からボキッと折れちゃいました。
そういえば、ここ数日で花茎がかなり伸びていてのたくっていたんですよねー
で、風もだけど雨も夜かなり降ったらしくて、、その重みに耐えられなかったんでしょうね。

でもでも思いもかけずにホリデュラの生のお花に出逢えることができて本当に良かったです!

あの青ホリさんはというと、、花茎からの蕾は最後となり、、少し花色が薄くなりましたが、今朝開花です

p7082622-2.jpg

根元付近にいくつかまだ蕾がありますが、どうも薄紫色になりそうです~。
後はこの株の種が熟すのを待つだけですね~

もちろん 他の開花株からも種を採取しようと思います。

PS:近くのHCで冬の育苗用にガラスの温室をゲットしてきました、
これでだいぶ乾燥を防ぐことができます。

もう気持ちは秋の種蒔きの準備に入ってまふ~~

★Meconopsis betonicifolia★
2年かけてやっと開花させることができた通称ベトンさん、花は全部終わり種袋が風に揺られている
今日この頃。
ふと根元付近になにやら怪しい葉が出てきてるのを発見!

やや、もしやもしやこれは子株??
うむむ、、今まで見てきた子株とは違うようにも見えるしなぁ~
種も採取したいし、、でも子株なら上手く夏越しできれば来年も開花が期待できるし。。

まずはこれが子株かどうか?? それが問題!
ってなことで、ぜひ皆さんのご意見をお願いしたいのです~

p7022571-2.jpg

この画像だけじゃわかりづらいかもしれないけれど、、どうでしょかねぇ~

この株は咲いたら終わりと割り切っていたので、大きいスリット鉢に植えてあるのです。
なので夏越し用の冷蔵庫には到底入るものではないのです。
となるとどこかで夏越し??

一応、ぶーちゃんのお墓のあるお山で過ごしてもらおうと思っているのですけど、、。

それにしても今年は思いもかけないことばかり! 嬉しい展開もあり!かな。

★Verbascum nigram★
3年くらい前だったか(はっきり覚えてないのでかなりいい加減??)種を蒔いて定植できる場所を見つけて数株植えつけた。
その時はまさかこんなに毎年開花するなんて思ってもいなかったので、開花した翌年は違う園芸品種を植えるつもりだったのに。。

そう、冬には完全に地上部がなくなるのですが、春になると葉が展開してきて、、それもすんごくでっかい葉で周りの植物を覆い隠してしまう。
それでも花茎が上がり蕾が色づいて、、開いてくるとこれがまた嬉しいですよねー

p7012553-2.jpg

それに咲き終わった花茎を剪定し忘れると、、種がこぼれて、、砂利の通路にはこぼれ種っ子がぁ~~
根が深くなるので早いうちにどうにかしないといけません、はい。

すでにもう遅いと思われる株がいくつか。。。

今朝、青ホリさんの3番花が開花しておりました。
これもまたあの青色、、真夏の青空の色です!

p7012538-2.jpg

少し縮小されてしまったようですが、なかなかの青っ花♪
なんと言ってもこのシベの白?クリーム色?とのコントラストが良いですね~

p7012533-2.jpg

今日は曇っていたせいなのか、上向いて咲いてますね~
だいたい開花してから約2日間で花びらが散っていくようです。
すぐ上に見えているのが2番花、もうすでにシベの色が茶色くなってきてます。
午後になり土砂降りの雨になりました、その後、もう2番花の花びらはすべて散ってしまい、、
花の命は短し。。

p7012541-2.jpg

↑最初に開花した実生ホリさんです、根元付近からでてきた蕾が咲いております。
花茎がのたくるんですね~
なんせ初めてのホリデュラ、謎だらけのホリさんです。

★Meconopsis horridula★

img20060630.jpg

思いがけずに真っ青なホリデュラに出逢えた数日前。
あの青は一番花だけ?? と疑っておりました。
ところが、昨日の朝、二番花が開花していて、、、それも真っ青な!
そう一番花と同じ花色だったのです。

一昨日・・・32度、昨日・・・30度、今日・・・28度、明日・・・27度予想。。
こんな時に開花した青ホリさん、さすがに花びらが反り返ったりして暑さに抵抗しておりますね
日曜には22度と低くなる予想なので、後少しの辛抱だよーー!と声をかけながらの水遣り。

p6292521-2.jpg

↑おっと、この子は一番花でした、もうシベの花粉がだいぶ落ちてしまってます

p6292519-2.jpg

↑横向いて花茎がのたくってしまってます~
花びらも反り返っているのは、やはり暑かったんかなぁ~

さてさて、後いくつか蕾がついているので、まだまだワクワクドキドキを堪能しまひょ~~

地味~な緑花、Nicotiana knightiana "Green Tears"がもうすぐ開花しそう~。
もちろんこれ今年の新品種と言うことで、T&Mからネット注文したもの。
耐寒性がないので、うちの方では3月の早春蒔きにしてポット上げ、ポット増しを繰り返して
プラ鉢に植えたり、寄せ植えに使ったりしていた。

ここ数日の暑さでぐんぐん花茎が伸び、寄せ植えに使った株はすでにバランスもなにもなくなってしまい
草丈も70cmくらいになっている。

p6292531-2.jpg

これはまだ蕾・・・だと思います~蕾の先が開いてくるはず。。

p6292532-2.jpg

これは花茎の一番上の部分。
もう少し咲きあがってくるとそれなりに”お花”だってわかるかも!

我が家には1株あれば充分なので、育苗してる残りの苗は明後日の町内フリーマーケットに出してみようかと思ってます。
さて、いくらにしようかなぁ~~。。

T&Mから種を購入した際におまけにつけてくれた。
リビングストンデージーの小型版で確か”アプリコットチュチュ”という品種名がついていた。
小さいトレーに種蒔きして発芽した後、育苗トレーに植え広げなかったので混み合ってしまいいくつかに分けてプラ鉢に植えつけた。

p6272496-2.jpg

お日様が出ると開花して曇りの日は閉じている、葉が多肉のようなぷっくりしていてまさしくリビングストンデージー。
お花の大きさが直径3cmくらいと小さくとても可愛い♪

そして株によって花色が濃かったり薄かったり中心部に白が入っていたり。

p6272497-2.jpg

おそらく乾燥に強いのだろうから加湿に気をつければ夏じゅう開花してくれることだろう。

★ノラナ・ブルーバード★
国華園から1袋50円で購入、3月に蒔いて育苗。
今朝プラ鉢に植えつけたものが開花した。

p6272495-2.jpg

以前にも咲かせたことはあるのだが、この青も特別な青で今年また見たくなったのだ。
加湿を嫌うので、赤玉の小粒をメインに使用して植えつけておいた。
横に枝が伸びていくので、ハンギングに良いかもしれません。

先日近くの大型園芸店に3袋1,050円の用土を買いに行った際、当然のように店内を一巡り。
目に付いたのが、この西洋ノコギリソウ??
以前、白花の西洋ノコギリソウを地植えしたことがあったが、その繁殖力には脱帽するほどだった。

そのことがあったので、、かなり迷ったのだが、この花色に負けてしまった。

p6272501-2.jpg

実際はもう少し薄い色合いかなー
売り場には、白、ピンク、クリーム色、、などが並んでいて、、その株によって微妙に違っている。
だいぶ前になにかの園芸本で花色が変わるアキレアがあることを知って一時探したことがあった。
結局、見つけることができずにいた。

今回連れ帰ったこのアキレアがそれかどうかはわからないのだが、見てのとおり花色が変化していくようにも見える。
ラベルもなかったので正確な学名はわからない。

葉の形状を撮影してみたので、、

p6272502-2.jpg

だからどうってこともないのだけど、、これから検索してみましょ!
続きを読む

ゆうべの興奮から一夜明け、、、はやり夢ではなかったようです。
昨日の夕方 くしゃくしゃだった花びらも広がってきて全開~。

p6272485-2.jpg

まさに北海道のねんねこ庭のホリさんと同じですぅ!!
去年の秋蒔きなので大株にはなってないけど、この花色はとにかく感動&感激!

この株もまだいくつか蕾がついているので、同じ花色で開花するのかはわからないけれど、、
あたしの願いを叶えてくれたのは、神様だろうか?? それとも明日命日を迎えるぶーちゃん??

p6272489-2.jpg

全体像はこーんな感じ。はぃ、12cmのスリット鉢のまんまです。
あ、周りのものが邪魔くさいですねぇ、、そこんとこは目をつぶってくらはいね。

p6272492-2.jpg

青花ホリちゃんの後ろ姿~~
右奥にぼけて写っているのが、2日前に開花したホリちゃん@実生。
青と言うより紫花、それもグラデーションのある紫ね
左奥にぼやけて写っているのが、北海道のねんねこさんちからお嫁入りした大株。
今は薄ピンク花のホリさんになってます~
(この薄ピンク、優しい色なんですよー)

気温が高い時期に蕾をつけると紫がかった花が咲くのは、ベトニキフォリアでわかっていたけど、、、
今回のホリデュラ、どーいうことなのか、、何年も繰り返し咲かせてもっともっと情報を豊富にしないとこの謎は解けそうにないのかな。

PS:2日前から開花してる株の一番花は咲き始めた時から横向いてますね、今も。
でー、この青ホリさんは、朝は横向き、今は真上を向いております、何か関係があるのでしょうか~

昨年秋蒔きしたホリデュラのうち、蕾をつけた最後の1株がさっき(PM6:20頃)咲いてるのに気づいた!
昼間見た時はまだ一番花の青チラもなかったし、、本来なら後に開花する下の方の蕾が青チラ。。
それも青と言うより、やっぱり紫チラ。。(笑

近くまで用事で出かけ帰ってきた時に玄関前でふと視界に青いものが~
ん?? たどっていくと、、なんと最後の1株の一番花だよー
それもすんごい青っ花!!
もう心臓バクバクで一気に血圧上昇!! あーー熱っぽい。。(笑

すぐに一眼デジを持ち出して何枚も撮ったけど、、光不足で、、シャーター速度がすんごく遅くなって
ぶれぶれのぼけぼけーー。

明日の朝になって紫色してるかもしれんから一応記録と証拠にそのブレブレ画像を載せておこう!

p6262481-2.jpg

非常に見づらくてすんませーん!でもこれが一番まともなんですよー
花色はすごい青っ花ですよねー

最後の最後に開花したのがこーんな青っ花になるなんて!!
一瞬、北海道のねんねこ庭にワープしてしまったかのような錯覚に。
でもでもここは間違いなく仙台なのだわ。。
あーー、明日起きたら夢だったりしてーー。。(笑

p6262478-2.jpg

もう1枚載せて、、、と。
奥に写っているのが一昨日だったか、一番花が開花したホリさんだぞーー!
こうしてみると一目瞭然だわーー

となると(少し冷静になってきた?)益々謎は深まるばかり。。。

北海道にお住まいのねんねこさんちからお嫁入りした大株のホリデュラ、まだまだ咲いておりますよ~
花茎の半分くらいまで咲き下がって?きておりますねー
と同時に根元付近からも蕾がひょろろ~んといくつも出てきてて咲き始めておりますね

そして、昨日開花した子が、なんとピンク色??
ベトニキフォリアは、気温が高くなってくると水色から紫色っぽくなってくるけどそれと同じこと??
元々が薄紫色だったから薄ピンクになったのかな??

こうなったら最初から薄ピンクのホリデュラもなかなか魅力あるぞ~~

p6242419-2.jpg

シベにピント合わせたから花びらがぼけぼけだぁ~~
でも花色はわかるよね! ほとんど実際の花色ですよー
続きを読む

春に連れかえってきた新入りさんたち。
寄せ植えにして開花を楽しみにしておりました。

まずは開花組のひとつ
★Astrantia.Roma★ アストランティア・ローマ

p6222387-2.jpg

花色がルピー色でもなく優しいピンク色ですね~

お次は蕾です
★Callirhoe involucrata ★ カリホー・インボルクラータ

p6222386.jpg

この花色にはかなり期待です~ブーママ好みのシックな熟女色♪

どちらも耐寒性多年草なので、来年は地植えにしてみましょうかね~
続きを読む

このページのトップヘ