Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

今年も派手派手フリージアが満開です。
毎年和室の窓際に置いて咲かせておりますが、今年は例年になく花つきがよくて切り花として重宝してます。

p2187870-2.jpg


派手な花色でしょう!でも不思議なことに見慣れてくるとそうでもないんですよね


たまたまおまけにもらった球根でした、年々増えていって近所の花友さんにも無理矢理引き取ってもらったり。
一緒に他の植物たちも置いてるので、薄い液肥を水遣りしてたんでそのせいでしょうか。

香りは春を思わせますぅー♪

初開花から2回目の時期がやってきましたぁ~
昨年は室内で開花させてしまいましたが、今年は外の無加温フレーム内です。
新芽がいくつもあります、んが、お花は小さくそれもたった2つしか。
植え替えした時、窒素分が多かったんでしょうかねぇ。。

それでも小さな蕾が開いてくるとそれはうっとりする紫色とグリーンのバイカラーです。

p2187898-2.jpg


用土を入れ替え、肥料をあげましょう! 来期はもっと咲いてほしいなぁ~

本日到着した新入りへレボさんです。

p2187871-2.jpg


p2187872-2.jpg



シングル咲き、”グリーンバイカラー”です。
バイカラーにしては少し色が薄いような気がしますが、来期はより濃くなると予想しての購入です。

★アトロルーベンス★

昨年は室内で開花させたせいか緑花だったのです、ところが今期は屋外に置いたまま。
そして蕾が見えてきて少しだけ開いてきました。

p2187877-2.jpg


緑色と言うより褐色?でしょうか。


そして↑の株から採取した種からの発芽がこれ↓

p2187888-2.jpg


だいぶ子葉が揃ってきましたねー薄い液肥を与えてます。
続きを読む

毎日うっとりしながら見入っております、癒されますねぇ~。

p2147859-2.jpg


p2147860-2.jpg


2番花の蕾も見えてきましたぁ~もう少し花茎が伸びてきてくれるといいのですが。。
さっそく1番花の花粉をこしょこしょしましたよ~
こうなるとこの花粉がもったいなくなってきます、他に開花している交配できそうな子はいないかなぁ。
探してみたけどnigerも咲いてなくて、、残念。

でもまずはセルフで増やすことからやっていきましょう!上手く種ができるといいな~

昨年秋に「KZコレクション」さんから2年苗を購入し5号ロングスリット鉢に植え替え、玄関前の無加温フレーム内で冬越ししてもらっているのだが、早くも1株に蕾がつき美しいダブルピコティ咲きの花が咲きだしたのです。
まさか開花するとは思っていなかったので、そのまま咲かせておいたのだが、考えてみると冬は受粉してくれる虫さんたちがいない。
なので、2番花だったか、自家受粉しておいたのです。

p2147848-2.jpg


↑ おぉぉ、早くも種袋がふくらんできておりますね
続きを読む

昨年の10月末にひょんなことからうちの子になった”そらちゃん”
生後3~4ヶ月(ブーママの想像)? 体重は1.35キロ、左の後ろ足の先が赤肌になっておりました。
それから病院通いが始まり、包帯が取れたのが12月だったかな

順調に体重も増えて毎日元気に遊んでいる”そら”ですが、足の怪我の原因がなんだったのか、先天性のものなのか、後天性のものなのか、依然不明ですがどうやら脊髄の神経がやられてしまったらしく、おしっこが普通にトイレでできません
自覚がないようなのです、うんちはわかるらしくトイレでしてくれます
(時々、間に合わないこともありますが)

リビングデビューさせてあげないと他の先住猫たちとこれから先共存していけません
ペット用のおむつをつけて、その上から「おむつカバー」なるものをつけて夜を中心にだしてます
不思議なことにおむつも全然嫌がらないんです(ホッとしてます)
この「おむつカバー」は猫専用に手作りして販売してるのを見つけたんです

体重も今では3キロを越え、抱っこする度に成長してきてるのを実感します

p1030499-3.jpg


おむつをつけてリビングデビューしたての頃、遊び疲れてブーママの腕の中でおねむ~♪
この頃はまだ赤ちゃん猫って感じがたっぷりだったんですよね




p2107810-2.jpg


毛色はぶーちゃんと同じですね~
男の子なので、性格?しぐさ?などの中味はまもるにそっくりです



p2137840-2.jpg


最近はパソのモニターを見るのが好きみたいです、テレビもよく見ます
まだまだ子猫ですね、見るもの全てがおもちゃになるようで好奇心旺盛です

先住猫の二人、これが問題。
好奇心旺盛なはなちゃんはそれなりに遊んでますね、困ったのがみぃちゃんです
みぃちゃんは自分から攻撃したりすることがないので、いつもやられっぱなしで可哀想なんです
今回も威嚇はするけど逃げるだけで精一杯、先が思いやられます

昨年だったか、花友さんからポット苗を送っていただいたパシフィックフロスト。
すぐに植え替えして、更に秋に5号スリット鉢に鉢増し。
その頃から新芽が芽吹いて美しい斑入り葉に感動♪

そしてガラスフレーム内で冬越し中だったのですが、ふと中心部に蕾らしきものを発見!!
ひゃ~~もう咲いてくれるの!!

p2117815-2.jpg



古い葉は緑色一色、普通のアグチフォリウスと同じですねー
この可愛い蕾が開いてきたらまたお披露目させてもらいます~

ここ数日の良い天気で無加温フレーム内も春のような気温になってます。

そして、待ちに待った「国産チベタヌス」が咲いてきましたぁ~もう、うっとり♪

p2117822-2.jpg


花茎がこの状態で約4cmもあるんですよ! 県内のナーセリーで開花してる大株を見て以来です。


p2117823-2.jpg


薄いピンク色に濃いピンクの筋が美しいですね♪

昨年発芽したイタリア自生種のへレボ、やっとお目覚めしてきました。
7枚に切れ込んだ葉、そしてこの葉色にうっとりです♪
発芽したのが4つ、結局この1株になってしまいましたが、開花までしっかりお世話したいと思います

p2057745-2.jpg



そして、昨年もへレボのお仲間であるwedgblueさんから種を送っていただきました。
今回はたくさん発芽してほしい! 願いを込めて蒔きました。

p2057742-2.jpg


↑ ひゃ~~発芽してきましたぁ!


p2057743-2.jpg


↑ 上からの画像です、嬉しいですね~♪ 薄い液肥をバンバンあげましょう!

原種チベタヌスはここ数年トライしてるわけですが、なかなか上手くいきません。
手に入るチベタヌスはほとんどが輸入株なので、根が切られてる状態。
ちゃんとお世話ができれば開花させられるんだろうけど、、、難しいのです。

昨年、県内のへレボナーセリーで購入した一枚葉の苗も今年はまだ開花しそうにありません。
(ちゃんと新芽が出てきてるんですけどね)
そして、昨年秋に「リグリクス」を探していて、一緒に購入した「国産チベタヌス」が咲いてくれそうです。

5号素焼き鉢に植え込んで無加温フレーム内で管理をしております。
水遣り代わりに薄い液肥をバンバン与えておりました。

p1077610-2.jpg

↑ 1月7日現在の様子です
続きを読む

迷いに迷った末、ゲットしてしまいましたん。

毎年冬の時期、室内に飾る切り花を購入してる楽天ショップでへレボがたくさんあったんですよー
苗などはケース単位での販売もありこの時期は特に目の保養させてもらってます。

p2057753-3.jpg



p2057751-2.jpg


↑ イエローピコティ、セミダブルっぽいですね。2980円也


よく見ると花粉が出てこない株かもしれません、こういう個体もあるんですねぇ~

記録として残しておきたくて記事にしま~す。

p1277720-2.jpg


ヤフオクでゲットしたセミダブル・ピンクネット、@1480円。 格安ですね


p1277719-2.jpg


実際の方が濃い花色でした、イエローシングル。 @1480円。 これも格安かな。

p1287726-2.jpg


この子もヤフオクでゲット! セミダブル・クリームピコティ、@2800円。


p1287730-2.jpg


↑ 初開花の子、ライムイエロー?ブロッチかな、お気に入り♪

昨年自家採取した種を蒔いて夏を越し只今無加温フレーム内。
続々と発芽してきましたよ~ 今回はセミダブルやもしかしてゴールドネクタリーが出るかもしれないカナリークィーンなど。

p1267671.jpg

↑ どちらもセミダブルのセルフです


p1267677.jpg

↑ これもセミダブルかな


p1267678.jpg

↑ カナリークィーンのセルフです(ゴールドネクタリーが出ないかなぁ)
続きを読む

今年もへレボの季節到来でーす!
平年より高めの気温のせいか、スリット鉢植えの株に続々と蕾が見えてきました。

p1267670-2.jpg


↑って、もうすぐ咲いてきそうです。ライムグリーンのブロッチでしょうか。無加温フレームの上段に置いて早く咲かせよう作戦です。

p1267687-2.jpg


p1267688-2.jpg
続きを読む

ほとんど更新できてないので、しばらくお休みさせていただきます。

またエネルギー充電できたら復活できるかと思います。


p7137292-2.jpg

久しぶりの更新、だけどタイトルからしてまた暗い話題で。。
ここを読んでくださった方々には申し訳ないです。

そう6月28日はぶーちゃんの命日なのです。
2003年のことだったのであれからもう5年ですね。
今年は3月にまもるが突然亡くなって、5月には実家の父が。
偶然続いてしまったとは言え、あまりに次々起こったので更新するだけのエネルギーがありませんでした。

少し余裕が出てきたかなーと思ったら、ぶーちゃんの命日だった!という訳で。

昨年から自営業になったことで一応事務的なお仕事をしなければいけない状況と言うのもあり、どうしても優先順位をつけると生活がかかってる自営業を一位にせざるを得ないのです。

本当は今日もぶーちゃんのお墓参りに行ければよかったのだけど体調がいまいちで外に出られませんでした。
情けなく恥ずかしいけれど夕食を作る気力もなくて。。

最近、よく父のこと、ぶーちゃんのこと、まもるのことを想いだします。
ちょうど時期的にも気候が安定してないせいか、気持ちが不安定なのかもしれませんね。

ちゃんと今を生きていかないといけないと!
みぃちゃんはストレスがなくなったようでとても可愛くなりましたよ
はなちゃんは・・・相変わらずブーママのストーカーのようについてまわってますね

そうそう、はなちゃんと言えばあの子は芸をするんですよ~
まるで犬のように、お手(うちでは握手)と待てをするんですよ
ブーパパのデジカメで動画を撮ってブログに載せようと思ってます。
ただこの動画、なかなか難しいものでどう撮ってもブーママが映ってしまうんですよねー(笑

一応、近々再度トライしてみますので、乞うご期待♪

p6277246-2.jpg


↑ にゃんこの大好物:またたびのお花です

それは5月31日(土)の夕方かかってきた1本の電話から始まりました。

ブーママは風邪薬が効いて2階で寝てたので、その電話を受けたのはブーパパ。
電話のベルで目が覚め起きていくとお花屋さんからの電話だったと。
よく意味がわからず、夕食の支度を。

夜8時少し前にピンポーン!


p6017081.jpg



しばし言葉を失ってしまいました。
ネットで知り合ったお花の友人たちがブーママに贈ってくださったんです。
父へのお供え花としてなのですが、とにかくビックリ!!

今回父のことでは、本当にお世話になったんです。
どれほど心が救われたかしれません。 この友人たちがいなければブーママの心は壊れてしまっていたと思います。
それを乗り越えられた時にどれほど感謝したことか、、これから時間をかけてお返しをしていこうと心に決めた所だったんです。

そんな時にまたまたこのサプライズ!!
素直な(?)ブーママは涙が溢れて止まりませんでした。
お礼の電話の時も胸が熱くなり言葉が出ませんでした。今も書きながらうるうるしてきます。

この友人たちの中には、電話では話していてもまだお逢いしたことがなかったりなのです。
ブーママが落ち着いてきたら贈ろうと時期を見ていてくれたそうでその話を聞いてまた涙が溢れてきました。

こんなにもブーママのことを気にかけて心配してくれる友人たち、、すべてが感動のサプライズだったんです。
改めて、これから時間がかかるかもしれないけれど少しでもお返しができたらと強く思った次第です。

本当に良い人たちに出逢えたんだと実感! そしてその出逢いを今まで以上に大切にしていこうと思います。

再度この場でお礼を言わせてください。

本当にありがとうございました。

2008年5月14日午前10時02分、父が永眠した。87歳。

ちょうど昨年の3月だったか、骨粗しょう症による2箇所の圧迫骨折をしてから一旦は回復したがその後高熱が続き、間質性肺炎であることがわかり実家近くの総合病院へ入院。
熱も下がり退院したが、その頃には歩くことすらままならない状態で母は24時間介護をしていた。
だが、母一人での介護にも限界があり、昨年9月に実家から車で15分の病院に。

毎日のように母は父に逢いに病院へ通っておりました。
1週間に1度は姉が休みを利用して母と一緒に。
ブーママは昨年の8月と今年の2月に。 

段々と衰弱していく父を見守っていった母、その現実を受け入れることも辛かっただろう。

ブーママが仙台に来たのが平成7年、実家に帰る度に笑顔で迎えてくれた父の顔が忘れられない。
父との想い出が走馬灯のように蘇ってくる。
母との諍いにも助け舟を出してくれた父、色々心配もさせてしまったけどいつも優しい気持ちで見守ってくれた父には本当に感謝の気持ち以外言い表せない。


ふと、父の人生ってどんな人生だったんだろうか? と考えてしまった。
ブーママは”父”としてしか見ることができなかったが、一人の人間として、男としての人生はどうだったんだろうか。



16日午後5時~通夜、17日午前11時~葬儀 との連絡が入ったが、体調が悪く一人で実家に帰ることができない。
父の最期をこの目で見送りたい! が、(情けない話だが)動けない。

結局、ブーパパの仕事を調整して東京まで送っていってくれ、そして迎えにも来てくれた。
ブーパパはどうしても抜けられない現場、仕事が入っており葬儀にはでることができなかった。
そして、ブーママもお通夜には間に合わなかったが、葬儀には出られたので父を見送ることができ本当に良かったと思う。

たくさんの洋花、それに姉の家で満開を迎えていた香りの良い薔薇に埋もれて最後のお別れになった。
モダンだった父にはぴったりの葬儀だったかな。

人間誰しもいつかは迎える死、ブーママはどんな最後を迎えるんだろうか。
まずは今日のこと、明日のこと、今をしっかり踏みしめていかないと。



いつも覗いて下さりありがとうございます♪
勝手ながら個人的な事情によりしばらくお休みさせていただきます。

(と言ってもなかなか更新できておりませんでしたが)


復活の目途は、、、わかりません。

このページのトップヘ