Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

2008年03月

昨年夏から秋にかけて北海道の岩崎園芸さんから購入した2品種のメコノプシス。
春を感知してお目覚めしてきたので、その様子を記録しておきましょう。

p3296408-2.jpg


↑ 一番花が咲いてしまったインテグリフォリア(A株)



p3296409-2.jpg


↑ 普通のお目覚めをしてくれたインテグリフォリア(B株)
続きを読む

何に納得がいかないのか、、

先日、ヤフオクのショップから花苗をいくつか落札してそれが先程到着しました。
その中に



があったのだが、このページの写真を見ると白花、ピンク系、青花が写っています。
3株セットなので、写真の青花が欲しいことをメールと電話でお願いして楽しみに待っていたのです。

当然、写真の青花が入っていると思ってました。
ところが、ダンボール箱を開けてみると、、

p3306416-2.jpg


この赤紫色が3株。。 確かに青系と言われればそうかもしれないが、あのページの写真の青花とは違って見える。
奥に写っているのは、ピンク系のこぼれ種っ子のデンティキュラータです。

やはり、納得がいかない。。 このショップに電話してみました。
担当の男性の方曰く、「うちではあれが一番青色系で入れたのですが」・・・との事。

そう言われれば何も言えなく「それじゃぁ、しょうがないんですね」と電話を切り。。
もう一度、オークションページを見てみました! やはりどう見てもこれがあの青花とは思えないのです。
あの青花がもう在庫がないのならその旨言ってもらえれば入札はしなかったし、うちにはない白花を3株お願いしていたのに。。

昨日はうちのBBSでそこのショップを紹介した所だったのになぁ~~


ちなみに去年うちで開花したデンティキュラータの青花はこれだぞ~~!!

p4124272-2.jpg


p4124270-2.jpg


↑ この花色を青色系って言うんじゃないのかなぁ~~
続きを読む

昨年秋にふとポットの中に見慣れない苗を発見。
そのポットには頂き物の山野草が植えてあったので、下さった方のお宅から種が紛れ込んできたのかと思い、お尋ねしたのです。

考えられるのは、チャルメルソウ? でも断定するだけの材料がなく冬に。
冬の間は無加温フレーム内で過ごしてもらうことにしました。

pa305408-2.jpg


↑ これがその時の謎の発芽苗です
続きを読む

昨年秋に蒔いた3品種のトロパエオルムに蕾が見えてきました。
まずは、黄花のブラキセラスです。

p3216291-2.jpg


↑ 種から発芽のブラキセラス(2008.3.21撮影)今日は花びらが少し見えてます。
続きを読む

毎年この時期に開催される県内へレボナーセリーでの原種系即売会に昨日行ってきました。

ハウスの中に入ると各種開花株が見本として飾ってあり、その下にポット苗や開花株の株分けしたビニール袋が並んでおります。
株分けしたものは、大きさによりそれぞれ値段が違い2500円~4000円くらいのものがほとんどです。

記憶を辿って、並んであった品種をあげてみます。

”オドルス” ”ムルチフィダス” ”アトロルーベンス” ”チベタヌス” ”ビリディス” ”デュメトラム”・・・

これぐらいだったでしょうか。。
続きを読む

昨年の春の終わりと秋に蒔いたホリデュラとregiaですが、冬の間2階窓際で育苗しておりました。
今年になり特に3月は気温の高い日が続いた為、本来ならもっと早くに屋外に出さなければいけなかったのですが、色々な事があり遅れてしまいました。

そして、ようやく昨日、植え替えして屋外(野ざらしです)の半日陰に出しました。
この時期の気温は、最高が12℃前後、最低が3℃くらいでしょうか。

p3236349-2.jpg


↑ 3株育っているうちの一番生長の良いregiaです。(5号ロングスリット鉢)


続きを読む

5年前、2003年6月28日 ぶーちゃんがこの世を去り、先日2008年3月7日 まもる君が後に続き、残っているのは、”みぃちゃん””はなちゃん”共に女子です。

ぶーちゃんがいなくなった後、No1になったのがまもる君、そのまもるがいなくなったことで、室内飼いの女子二人のNo1への争いが始まりました。
元々、血のつながりがなかったにゃんこ達だったので、まもるとみぃとはなは仲が悪いわけではないけれど寄り添って寝ることもなくある程度の距離を保っての共同生活してる状態でした。

残った二人も同様で、みぃちゃんは自分からはなちゃんにどうこうしようと言う気持ちはなさそう。
が、はなちゃんは違うみたいで熟睡してるみぃちゃんに突然後ろから飛びかかることが多くなった。
今までまもるが気が向くとはなの相手をしてくれてたので、ただ単に遊び相手としての行動なのかもしれない。

みぃちゃんはリビングにいる時間が長くなったかなー
それにブーパパを怖がらなくなってきた??(笑
それとよく喋るようになったかなーあ、よく甘えるようになったかな

このように感じるのはあたし達の見方が変わったのかもしれない。もうまもるに振り回されることがなくなってその分 他の二人に目がいくようになったのかもしれない。
続きを読む

今期へレボコレクションのお仲間入りした子たちはほとんど花が終わりに近づいてます。
運よく種袋が膨らんできている子もおりますので、お茶袋をかけてあげないとね。

そんな中、最後の方の花が咲いていたので、いくつか載せておきましょう。

p3126209-2.jpg


↑ ネクタリーが微妙な色で来年期待の子


p3126211-2.jpg


↑ ネクタリーがほとんど落ちてしまってます、灰紫系のシックな花色


p3126208-2.jpg


↑ 深い色のダブル
続きを読む

昨年の夏の終わりと秋に北海道の岩崎園芸さんから開花予想株のインテグリフォリア2株とホリデュラ2株を購入した。
それぞれを鉢植えにして冬越し。

この冬は雪布団にならなかったので、結果、ホリデュラ1株がどうやら枯れてしまったみたいだ。

冬の始め、1株のインテグリフォリアに蕾らしきものが株の中央に見えていたような。
その株、3月初めに花びらが見え始め、、地際で咲こうとしている。

p3056162-2.jpg


↑2008.3.5撮影  ケケケの蕾が割れて中から黄色の花びらが見えてます。


p3056161-2.jpg


↑ もう少し迫ってみました。
続きを読む

まもるの突然の死にまだ受け入れたくないブーママがいます。
ブーママ以上にブーパパは男同士わかりあえた部分が多かったのでしょう、深い悲しみを隠して仕事に没頭してます。

冷たくなったまもるを見つけた翌日の午後(2008.03.08)、ぶーちゃんのいるメモリーガーデンにて火葬。
風にのって旅立っていくのを二人で見送りました。
そして、この町内で生まれたまもる、なによりお外が好きだったまもるなので、翌日(2008.03.09)の午後、お庭にお骨を埋めてあげました。

こんなに早くまもるとの別れがくるとは思ってもいなかったので、そのショックは大きく未だに信じられません。

★まもるへ
ぶーちゃんがいなくなってから、あたし達の生活にすっかり密着していて気がつけば、まもるに振り回される日々。
おかげでぶーちゃんを想い出すことも少なくなり、ぶーちゃんとは違ったおまぬけな性格でよく笑わせてくれました。

あの夜、何があったのかは謎のままだけどちゃんとお家に帰ってくることもできたし、あ、まもるのことだからもしかしてまだ自覚してない??

まもるとの楽しかったたくさんの想い出、病院通い、忘れたくても忘れられないことばかり。
もう少しそばにいてもらいたかったけど、こればかりはしょうがないね。
みぃちゃんは、まもるが寝ていたおかんの枕の横で寝るようになりましたよ。
はなちゃんもまもるのことを時折探しているように思えます。

そして何より家の中が閑散としちゃいましたねぇ、改めてまもるの存在感を実感してます。

・・・ってぐだぐだ言っていてもおそらくまもるは聞いてないだろうなぁ~

これから春に向かって庭に出ることが多いだろうから、まもる♪ また草取りしてる時はそばにいてくださいね。
そして、お庭からみんなのことを見守っていてくださいね。

今でも初めてまもるが我が家に来た時のこと鮮明に覚えていますよ。
庭でブーママの足にスリスリしながらよく喋ってたよね、あんなに喋るまもるにびっくりしたんですよ。
生まれてから1年くらいのまもるがうちの子になって11年間、色々なことがあったけれど、まもるはブーママ家の大事な家族の一員、本当にどうもありがとうね。

虹の橋で、先に逝った”ぶーちゃん”や”たまちゃん”と逢えたかな~それが少し心配です。
もうあたしに怒られることもないのだから思いっきり走り回って、生まれ変わったらまたうちの家族になってもいいからね。

dscn0085.jpg


dscn0539.jpg


↑ 2枚とも2005年の春撮影のまもる君

このページのトップヘ