Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

2009年05月

ほとんど手を出していなかったセダムの仲間(多肉ちゃん)ですが、昨年立ち寄った行きつけのお花屋さんに並んでいたのを連れ帰ったのが、「セダム カエルレア」でした。

何故、連れ帰ったのかと言うと青っ花好きにはたまらない水色?青色の小花が咲いていたからなのです。

p6017113-2.jpg

↑ 2008.06.01撮影


おそらく、学名だろうけど「Sedum caeruleum」らしい。
と言うのも、連れ帰った開花株は夏には枯れてしまった記憶があり、、多肉ちゃんって多年草がほとんどだよねぇ~と頭の隅に残ってはいたのです。

p6027118-2.jpg

↑ 葉を見ると多肉ちゃんだとわかりますね


p6027117-2.jpg

↑ ちゃんとラベルをデジしておりました


続きを読む

種をイギリスから取り寄せ育てたブルーアブチロンが今年もたくさんの花を咲かせてくれてます。
今年で何年目になるんだろうか、、わからん。。(笑

img_0982-2.jpg

↑ 2009.05.27撮影
続きを読む

予報がはずれて曇り&強風でした。
そんな中、夕方風が少しおさまったのでカメラを持って庭へ~~。

img_0933-2.jpg

↑ トロパの鉢の中で咲きはじめたマンテマ


続きを読む

春真っ盛りの我が家の庭ですが、あれこれ咲き始めてきたので一気に載せてしまいましょう!

img_0905-2.jpg

↑ リナリア・ネオンライツ(他にも色々な花色で咲いてます)


続きを読む

2株ゲットしたベトニキフォリアのその後でっす。
ネットショップで購入した株は以前より葉を展開してきました、子株も同じように葉が数枚。

img_0904-2.jpg

↑ 左下に見える3枚の葉は子株です(2009.05.18撮影)



img_0915-2.jpg


ありゃ、ぼけぼけでしたわん。。蕾がだいぶ上がってきましたねーさて、スカイブルーのお花が咲いてくれるでしょうか~~

昨年種を購入して蒔いたファエウム”セリコート”が今朝咲いておりました。

img_0899.jpg


花色は”サンボー”と同じかなー紫がかった色してますね。
何が違うかって言うと、この葉色なんです!

img_0898-2.jpg

↑ 葉色が黄緑色してます


前の記事のファエウムは緑色の葉です、カラーリーフは明るくしてくれるので重宝しますね。
大株に育ててまた種採取して増やしてみたいと思います。

数年前からお気に入りのゲラニュームが咲き始めました。
いわゆる「黒花フウロ」と呼ばれるファエウムです。
この花の形を咲く姿がたまらない魅力で毎年開花が楽しみなのです。
ちょうど気候的にもあってるようで、種を飛ばしてあちこちに広がってきます。

img_0862-2.jpg

↑ ゲラニューム・ファエウム(黒花フウロ)


続きを読む

春先にネットショップで衝動買いしたベトニキフォリアが1株。
その後、近所の大型園芸店に並んでいたのを連れ帰った1株。現在2株のベトニキフォリアがおります。
共に素焼き鉢に植えておりますが、置いてる場所も違えば株の大きさも違います。

img_0750-2.jpg

↑ 2009.05.06撮影
ネットショップにて購入株、子株と共に葉を展開中


img_0842-2.jpg

↑ 2009.05.10撮影
園芸店からの購入株、蕾らしきものが見えてきました



なんと先に蕾をつけたのは後から購入した方の株です、それぞれ鉢の大きさが違いこの蕾をつけた方の鉢の方がはるかに小さいんです。
それに夕方まで陽ざしが当たる軒下に置いてます。その分、土中温度が高いんだろうと推測されますね。

そして、ネットショップからの株はまだお目覚めしてない株で大きめの鉢に植えてあります。
ちょうど昼頃に日陰になる場所、風通し良好、そして野ざらし状態です。

やはり危機感を持った株が子孫を残す為に早く蕾をつけたのでしょうか~~

不安定な天気が続いたせいか、咲き急ぐかのように咲いてきてるのが、クーケイ"オールドローズ”です。

img_0831-2.jpg

↑ 2009.05.08撮影 
右上に写っているのがプニケアです、色の違いがわかりますね



そして、一番花が終わりかけているシンプリキフォリアに迫ってみました。

img_0830-2.jpg

↑ 2009.05.09撮影

ここで見てもらいたかったのは、この花糸と呼ばれる部分です。
以前咲かせたホリデュラもそうだったんですが、花びらと同じ色をしてるんです。
紫色のホリデュラは紫で、青く咲いた花は青いんです。


このシンプリキフォリアも花びらと同じ色をしてます、ベトニキフォリアやグランディスよりしべの色が濃くて黄金色してたんですねー
観察する所がたくさんあって、、見れば見るほど不思議かつその魅力に引き込まれてしまいます。

4.5年前に種から育てたブルーアブチロンに初めて種ができたのが昨年でした。
たった一粒の種でしたが、めでたく発芽し、育苗しておりました。
12cmロングスリットポリポット植えで冬越しし、丈も50cmほどに生長しております。
下葉が黄色くなってきたのでそろそろ植え替えしなければ!と思っていた矢先に発見!!

なんと蕾がついてくれたんです!

img_0814.jpg

↑ かなり小さな蕾です(2009.05.06撮影)


img_0825-2.jpg

↑ 角度を変えて撮ってみました(2009.05.07撮影)


この子の親株は鉢植えなので、もう根詰まりしてるのでしょう、下葉が落ちてしまっております。
もっと早くに摘芯するべきだったのか、、反省すべき点です。
それでも初開花からすでに3年目でしょうか、、一番花がもうすぐ開花します。

このページのトップヘ