Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

2011年02月

地植えチベタヌスの一番花が更に開いてきたような気がします。

02-27 017


02-27 018


陽ざしが当たってない時に撮影するとこのような色に写ってしまうようです。


02-27 019


上の画像は、株の右側3芽。


一方、新潟チベタは・・・


02-27 016


薄い液肥を毎日与えてます。
白く萎んでしまった蕾が2つありましたが、摘芯済み。
残った蕾がここまで色づいてきたので、後は、薄い液肥で精一杯開花させてあげたいです。

まだ開いてきませんねぇ~。

02-27 014

★H.ムルチフィダス・ヘルツェゴビナス
 この蕾、花弁をめくりたい衝動を抑えるのが大変。。(笑


02-27 012



02-27 013


★H.ムルチフィダス・ボッコネイ
葉の切れ込み すごいです!
この切れっぷり、まさに葉芸です♪
・・・・葉の中に蕾が隠れてないかなぁ・・・。。。

まだ咲いてますよ~♪

02-27 006


花友さんのよしこさん印のホリデュラ。
まだいくつか蕾があります。


02-27 007


この株は昨年の夏(夏越し用の改造冷蔵庫内)から咲いてるホリデュラ。
さすがに花は終わりかと思いきや、咲き終わった花茎の途中に蕾が出てきてこんな状態になってます。

02-27 008


02-27 009


見ての通り、根際にいくつもの子株が発生しております。
ホリデュラは咲いたら枯れる、とばかり思っておりましたが、条件さえ揃えば多年草になるんですかねー。

この春は、ホリデュラ、プラッティ、それとイギリスからの2品種、咲いてほしいです。

節分の日から約1ヶ月遅れでの開花です。

02-27 002


02-27 001


上の鉢は2007年蒔きの子達。


02-26 021


お目覚めしてきた2008年蒔きの子達。
昨年秋に肥料を入れて植え替えしていればもしかしたら開花したかもしれません。
はぃ、植え替えしておりませんでした。。。

2009年蒔き、2010年蒔きの鉢は・・・・地上部に変化なし。
鉢が小さすぎたのかもしれません。
お師匠さんには卒業証書がもらえそうですが、まだ種を採取できてないのですよー。
種が自家採取できて初めて卒業できるのかなー

そして、種を採取するべくフレーム内から屋外へ開花鉢を出しておきました。
上手く受粉してくれると良いですねぇ~。

数年前にsystemさんから種を頂き、鉢植えで開花してくれたジロボウさんがそれ以来どこかの鉢で増え続けてるようです。
庭の中心部のロックガーデンもどきにも種が飛んだのか、、出てきます。

そして・・・・

02-27 003


早くも咲いてる子がおりました。
これ、ヘレボのスリット鉢なんです。。


02-27 004


びっくりしたのがこのポット、まるでジロボウさんのポットみたいですよね。
地主さんはリグリクスなのです。
できることなら庭の方ではびこってほしいなぁ~。。

2008年蒔きの自生地採取イストリアクス、葉が展開してきましたのでその魅力ある色を♪

02-26 023


02-26 028


葉の中心部に銅色の筋が入ってます。
種を送ってくださった方のお友達宅では、グリーンに赤フラッシュが入った花が2株も咲いてるそうです。
そのお花と葉の感じを見せていただきました。


02-26 027


02-26 025


この時期展開してくる新葉がほとんどこのような銅葉色してます。
生長具合も個体差があるのか、ポットの大きさもまちまちです。
今季の開花はありませんでしたが、来季はぜひ開花してほしいです。
そして、何より楽しみなのが、香り♪なのです。

今季はこの葉を楽しみながらお世話していきましょう!

朝からよく晴れていたので、また様子を見てきました。
一番花が更に開いておりましたよー


02-26 004


花弁の内側の筋がたまらない魅力ですね。

02-26 003


右側の花芽はこーんな感じです。


02-26 006


今季入手した通称:新潟チベタヌスの花と比べてみました。
地植えチベタと花の大きさの差がよくわかりますね。
輸入チベタヌスはその年の開花が非常に難しいですね、それでも通称:新潟チベタヌスは植え込みから管理方法等(詳しいことはわかりませんが)他のショップとは違い、上手くすればこのように開花させることができます。
咲いてもこの位の大きさですが。。
これでも十分満足できる大きさだと思います。


前の記事の画像は少し薄いピンクに写っていたようです。
陽ざしを浴びた状態での撮影だとこの記事のような色なのです、実際と同じです。
はたしてこの色が濃い色なのか、薄い色なのか、、うちでは開花した株がほとんどなかったので、見比べることができません。

昨年県内ナーセリーから購入した株の花は・・・

03-04 022


03-04 020


プラ鉢の色が違うので、出所が違うチベタヌスなのですが。。
さて、どちらの色に似てるのでしょう!
ちなみに上2枚の株はしっかり生きておりますが、今季開花は無理みたいです。

ガラスフレーム内にいる期待の子。
ラベルは水色①、そうアトロルーベンスのセルフからの株です。

02-26 016


花色は画像の通りです。
アプリがかったクリーム地に優しいピンクサーモン色の縁と筋。
シングルみたいですが、優しい雰囲気を醸し出しております。

初開花は2008年、今季で4シーズン目になります。
昨年、素焼き鉢に植え替えして野ざらし状態、雪の下になっておりました。
数日前にデッキ上に移動。


02-26 019


今季は花芽が4つありますねー


P1225778

2008年初開花の画像です。
ネクタリーが優しいピンク?アプリコット?サーモン?色してます。

今年も開花が待ち遠しいです。

日当たり良い方のフレームに移動し、数日の暖かさで咲いてきました。

02-26 014


02-26 013


一応ダブルですねー
ホワイトではなく、、オフホワイト? 淡いクリーム色? ですかね。
1枚目の画像のように、小輪多花性なのがわかります。

もう1株あるのですが、小さな花がひとつだけ根際から見えてます。
これはシングルっぽいですが、グリーンですねぇ(画像はありません)

このページのトップヘ