一ヶ月のご無沙汰です。
色々な事情からネット落ちしておりました。
ご心配下さった方々にお礼申し上げます<(_ _)>
そして、BBSならびにこのblog、更にメールでのお返事もできずに申し訳ありません<(_ _)>
だいぶ復活はしてきましたが、まだネット落ち状態が続くかと思われます。
「自分」を振り返り見つめ直してみたくなりました。


ネット落ち状態なのですが、昨日とても悲しい出来事があり、ここに書き綴っておきたくて・・・

それは一昨日(土曜日)のこと。
昼食の支度をしているとそらのご飯を持って行ったブーパパが慌てた様子でいつになく興奮気味。
そらの部屋の網戸に子猫が張りついてニャーニャー鳴いている! と。
まずは確保するしかないでしょう、後のことはそれから考えるとして。

ところが、そのおチビは人間には慣れてないのか、すぐに逃げてしまいあたしもブーパパも1度だけ捕獲のチャンスがあったにも拘わらず失敗してしまったんです。
人間の声には反応しない、でもあたしが猫の鳴きまねをするとすごい声で親を呼ぶ。
どうやらそらのことを親だと思ったらしい、、猫なら誰でも良かったようで。
小さなトレーにスープ状のレトルトを入れて、、カリカリも少し そらの部屋の前に置いておくと・・・ちゃんと食べておりました♪
それからは家の周りをぐるぐる、、姿を見ると生後2カ月あたりかなぁ~ 手の平に乗る位、ちょうどそらの時と同じくらい??
アメショーもどきっぽい毛色でおそらく男の子?

ブーパパはすぐに仕事に出かけてしまったのでその日は確保できず。
翌日ブーパパと二人で何とか確保できれば病院に連れていって・・・と思っていた。
すでに名前の候補も頭の中にいくつか・・・

そして、昨日(日曜日)。
朝、おチビが居る事を確認してからご飯をあげようと思い、外に出て猫の鳴きまねをしたが返事なし。
そらの部屋の前のあたりをよく見てみると細かい毛が数か所に落ちていて、敷石に血のようなシミが。
玄関前の鉢がいくつか横倒しになってる・・・  あぁぁ、、、嫌な予感。。

すぐに隠れていそうな場所を探す、、居ないことを祈って。。
最後にあたしの車を移動させてカーポート内で前日よく鳴き声が聞こえていた場所を・・・・

横たわっているおチビを発見しました。
すでに呼吸もしてなく、、首のあたりから血が出ておりました。
おそらく夜中に他の野良に親だと思い近づいていったのでしょう、、そして、首を咬まれて、、、一撃だったんじゃないかと。

猫は明け方には起きてご飯を食べると思い、夜のうちに小さな段ボール箱の中にタオルを敷いてカリカリを入れておいたんです。
そのご飯を野良が嗅ぎつけて来たのを見つけておチビが近づいてしまったのかもしれません。

あんなに元気に飛び跳ねていたのに、、こんな結果になるなんて。。
この世に生を受けてからまだほんの数ヵ月 たくさんの楽しい事があっただろうに。
あの時、段ボール箱を設置しなければ野良も来なかっただろうし、確保できるチャンスを失敗してなければ、、後悔してもしきれません。

息絶えたおチビをタオルで包んで庭の花と一緒に箱に入れ家の中へ連れてきました。
お水とカリカリをおいて 色々話しかけてあげました。
どういういきさつでうちに辿りついたのか不明だけどあまりにも不条理です。これがおチビの運命だと言えばそれまでですが、、あまりにも儚い命に悔しくて悲しくて・・・・・

それからぶーちゃんが眠っている新川ペットメモリーガーデンにて火葬してもらいました。
お骨も小さくて少なくて儚くて・・・・ 涙が止まりません。
庭の東側には、ちゃー君とまもる君が眠っています、その近くにおチビを埋葬しました。
たった数時間だったけどうちに来たのも何かの縁、結果は最悪になってしまったけどパンパンになる位たくさん食べたからそれだけが救いです。


昨日からそらにゃん 元気ないんです。
ご飯もあまり食べずに網戸越しに外を見てばかり。
今日も同じです、一緒に遊んでいても何かの音が聞こえたのか外を気にしてます。
まるでおチビを探しているよう。。


最後まで読んで頂き ありがとうございました<(_ _)>


★追伸★
友人にこの話をしてみたら おチビをこんな目にあわせた犯人は猫じゃなくて イタチじゃないか との事。
イタチは雑食らしいのですが、血をなめて栄養源にするらしいとの事。
それに夜中に活動するので、ぴったり一致するんですよね。

先日、おチビのお墓の周りにこぼれ種で咲いてきた数株のビオラを植えました。 短い猫生だったけど安らかに眠ってほしいです。
今度生まれ変わってくるのなら人間を怖がらずにまっすぐうちに来てほしいです。