19日の夜9時過ぎに携帯が鳴り、ブーパパが出たんですけど義母が具合悪くなり、救急車を呼んだとのこと。
急いで身支度して二人で義母の住んでるマンションへ。

以前から血圧が高く薬を常用していたのですが、今回は上が200になってしまったので早めの処置が必要とのこと。
意識ははっきりしていたので、荷物を持って(あたしが)救急車に同乗させてもらいました。

思い起こせば、8年前だったか、急性出血性腸炎で救急車を呼んだ時は受け入れしてくれる病院がなくかなり時間がかかったんですよね。
あの時は痛みがひどく苦しかったので余裕もなにもなかったんですが、今回は付き添いだったんで改めて救急車の中をじっくり観察してしまいました。

それほど時間もかからず、受け入れてくれる病院が見つかり、15分で到着。
救急車って、信号で歩いてる人をも止めるんですね。
考えてみれば当然のことなんだけど、義母には悪いけど少しだけ気持ち良かったです。

着いた病院では、診察してもらい血圧を下げる薬を入れた点滴をして30分ごとに看護婦さんが血圧を測りに。
点滴が終わり、血圧も安定してきてるので、帰ることになりました。
本当なら一晩そのまま病院にいられたら良かったんですが、ベットの空きがなくて。

うちに帰るか、マンションに帰るか、、本人の希望でマンションになりました。
病院を出たのが午前1時半を過ぎており マンションに着いて当直のヘルパーさんが色々お世話してくださいました。

それからあたし達も家に帰り、寝たのが午前3時を過ぎておりました。
翌日は、当初予定していた用事があったので、それをこなして義母から頼まれた果物を用意して持っていきましたが、だいぶ落ち着いてきていて本当に良かったです。

今年、秋から気温差が激しくそれも関係していたのかもしれません。
大事に至らなくて何よりでした。

母親って息子が一番なんですねぇ~ あたしの実家もそうですけど嫁が何をしようが息子の一言が一番効くようです。
ブーパパは面倒くさがりますが、なるべく声をかけてあげてほしいと思います。
それが一番の薬のような気がします。


12-21 001


今日到着したチベタヌス2ポット。
某ショップからですが、昨年輸入、今年の夏を越した輸入チベタヌスだそうです。

このチベタに関しては後日、記事にしたいと思います。