ハウスの夏越しで思っていた以上に生き残っていたのが原種や原種の血が入った株達でした。
もちろん枯れてしまった原種もおりましたが、地上部がなくなったのでダメなのかと思っていた株達は実は休眠していたようです。
来年の夏越しはもう失敗を繰り返さない為にも対策をするつもりです。
ハウスから外に出して遮光する、、、とか、自宅に夏越し場所を設置する、、など。

ハイブリッドより原種の方が我が家の気候下なら栽培し易いのかなぁ~と思いました。しかし生長は遅いですね。

自宅で夏越しした原種&原種交配種を記録しておきます。

11-21 008


5号スリット鉢に植えられたこの株、パシフィックフロストからの実生株なのです。
親株は開花後に枯れてしまいましたが、小さな株の状態で開花したのでこの株もこの位で開花してくれるかもしれません。



11-21 007


開花株で入手した”グリーンスマイル”です、残念ながらダブル咲きではありませんでした。



11-21 009


まだまだ小さな株です、ヘルツェゴヴィナス×DDクロアチカス。




11-21 010


若さま印のクロアチカスです、まだ花芽はなさそうですね。



11-21 011


前にも登場してきましたが、SSアトロ×DDクロアチカス交配苗で花はシングルでしたが美しいバイカラーなので本来の時期に開花させたいですね。 



11-21 012



この株もまだ小さいです、SSクロアチカス×DDクロアチカス交配苗。
リバーシブル的なセミダブルが咲かないかなぁ~とほのかな期待をよせてます。


やはり自宅だと夏越しが問題ないので来年の夏は自宅へ移動してこようと思います。
水やりも楽ですしね。