昨年秋の終わりから2階窓際で過ごしているメコノプシス・インテグリフォリア。
だいぶ生長してきましたよ~♪
昨年春の終わりに種蒔きをしてそのまま酷暑の夏を玄関前のフレーム内で越してくれた強い子です。
本葉が3枚程度の幼苗だとかなりの高温に耐えられるのは確認しておりましたが、まさかあの夏を越してくれたのには正直驚きました。


03-20 005



もう鉢を覆い尽くすぐらいの大きさになってます。




03-20 009



この位で寒さに当てると花芽形成するような気がするのですけど・・・・。
蕾が見えてくるんじゃないかとつい株の中央を覗いてしまうので葉が傷んでしまってます。
蒔き床からポット上げした際にこの鉢にはもう1株ルディスだったかな、、あったんです。
しかし暑さで枯れてしまい、、、このインテグリフォリアだけが生き残ったので鉢の端っこに植えた状態なんです。


もうデッキ上のフレーム内に移動しても良いのかもしれません。
毎日チェックが必要で、水やり代わりに薄い液肥で肥倍しないといけません。
屋外の方が夜温が低くなるのでその方が良いか??

おそらくすぐではないにせよ、蕾を上げてしまう予感があります。
梅雨時の頃、一旦気温が下がるので・・・・インテグの場合 花色が黄色なので気温が上がっても花色を気にすることはないのですけど、、ねぇ。



そろそろ、冷凍庫で休眠してもらっているメコノの種蒔きの準備をしようと思います。
屋外だと発芽まで時間が少しかかりますので室内にて蒔いてみようかと。
リビングに置くのが一番管理しやすいでしょうか。