Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

カテゴリ: 宿根草


昨年種子を蒔いていたHacqutia、発芽してきたようですがまだ本葉が展開してきておりません。
毎日見てるんですけどねぇ~。
斑入り葉の”Thor"も消えてしまったし、、種子から発芽した2芽も1芽はすぐに消えて残りの1芽は誰かに喰われてしまいました。


そんな時、北海道のミトンさんが地堀り苗を送って下さいました♪


すぐに用土をうちに合うようブレンドしたものに植え替えし、もちろん素焼き鉢に植え付けしてしばらく様子を見ておりました。





IMG_0598


葉も展開してきましたが、2つ蕾があったんです~♪
また咲かせて種子を採りたいなぁ~、、株の体力がないので、、どうしようか、、悩む所です。
嬉しいですね~♪


絶対に夏越し成功させたいです!






おまけ

種子からのレウィーシアに小さな蕾らしきものを発見しました♪


IMG_0616


定植した鉢が大きすぎた感がありますが、、、赤丸した部分 これ蕾だと思うんですよー
その後の様子も随時更新していこうと思ってます。



さて、はなの薬をもらいに行ってこないと~~!




先日、ブログ記事にしたカラーリーフクローバー の赤葉タイプに花が咲いておりました♪
その花がピンク色なのですけどこれがまたすごく可愛いですよ~♪






IMG_2772



IMG_2773


色と言い、形と言い、どうもこの手に花に弱いboomamaです。
葉の赤に緑模様も、赤が鮮やかな色だから映えるんでしょうね。 他のも悪くはなかったけれどこの鮮やかな赤とピンク花が結構気に入りました♪






おまけ



IMG_2774


すごく小さな葉のクローバーで、ほとんどが四つ葉です。
画像で見ると、、あらら、普通の三つ葉もあれば五つ葉もある??
五つ葉はともかく三つ葉は摘んでしまった方が良いのでしょうかねぇ~~。

どなたかおわかりになる方がいらっしゃったらお教え願いたいです<(_ _)>
それにしてもあまりに小さい葉なので、、見えるかどうか。。



昨夜までの暴風、凄かったです!
今朝庭の見回りをしましたが、いくつか何かが飛んだだけで(笑)すみました。



少しハウスを開けていたので何か被害があるのか、、ドキドキしながら入りましたが、こちらも問題なかったです。






IMG_2770


お目覚めしてきました♪ 高麗人参の3年根です。
出葉の中央に小さな蕾が見えてます。






IMG_2771


昨年より数は減りましたが、いくつかでも生きていてくれて嬉しいですね~♪
どんな根になっているのか興味津々なのですけど、、見ておりません。 時期があるようなので、また教えてもらってから見てみようと思います。




朝から暴風警報が発令されて、とにかくすごい風です。
この時間になり少し収まってきたような気がしますが予報では夜にかけてが大荒れらしい、、。
この天気と風邪とで完全に頭痛はひどく熱っぽい、、風邪薬は飲むと眠くなるし、、仕事ができない。。

1日が終わってしまった。。。





午前中は陽ざしが出ていたのでハウスを開けに行ったけれどあまりに風が強いので、、最小限にとどめておきました。今日はこのまま夜を迎えてもらいます。







ハウス前に置いてる鉢の中で、一際目立っているのが・・



IMG_0348


まだ昨年の枯れ枝をカットしておりませんでした、、ちとお見苦しいですね。
ユーフォルビア・フェンズルビー





IMG_0349


この近辺には爆発的に増殖してます。 あちこちからこんな状態の新芽&蕾がぁ~~。






IMG_0350


ユーフォルビア・キパリッシア(だっけ?)
プラ鉢に植えてますが、この下には防草シートが敷いてあるので出てきてはおりませんが、、自宅のと同じです。
思いっきり鉢内で増えてます。


白い汁が被れるかもしれませんが、このユーフォルビアは一押しです♪


冬の間も咲き続けていたレウィーシアですが、数株あるうち、それぞれ開花時期が微妙にずれてくれますので花期が長くなりますね。




IMG_2745


IMG_2746


この株は大輪ですね、花色もアプリコット色?オレンジ色? 表現が難しいです。
レウィーシアは通年屋根のある場所での管理になりますが、乾燥に強いのでお世話が楽です。
ハウス内に居るレウィーシア軍団は夏もハウス内で越してくれました。





IMG_2748


上手に仕立てれば葉の周りに花の環ができる?かもしれませんね。
まだまだ蕾もたくさんついているので楽しみは続きます♪




おまけ


IMG_2747

フリージアも咲いてます~♪
自宅の無加温フレーム内で毎年咲かせていた2鉢を軒下に出したら、、やはり瀕死状態に。。。
たまたまハウスへ移動になったこのフリージアは2年ほどハウス内で開花してます。



今日の気温で桜が一気に満開になりそうです~っが、明日以降は曇りや雨マークが続くみたいです。。

予報どおり、昼頃から雨になってます。 時折本降り、、久しぶりですね。
気温は低く12℃位だったでしょうか、、午前中、みぃが寝てくれたのでハウスへ行き少し作業してきました。
記事にした2段階になった高山系プリムラの植え替えです。
あまりに可哀想だったのでね。


っで、謎のタネツケバナも捨てるに忍びなく、、温存させました。
ご希望の方、ご連絡下されば飛ばしますよ~




さて、ハウス内ではレウィーシアが咲きはじめてます♪
まだ蕾が出てきてこれからの株も数株♪




IMG_2711



IMG_2712



IMG_2713


苗で購入したものばかりですが、花にストライプ模様が入ってるのや入ってないもの、花色も微妙に違いますね。
乾燥が好きなレウィシアなので、水遣りが省けて管理しやすいです。



種子からも発芽してきているので、、今後が楽しみです~♪

今年の我が家はコンフリーの年です。
以前より青い花のコンフリーが欲しくて、、あちこち検索してみたり。



そして、縁あって花友さんが入手した青っ花コンフリーがうちに飛んできたのです♪
それまでにも白花やクリーム色タイプ、、北海道の花友さんや海外からrootを入手しておりました。




青っ花コンフリーは冬の間、ハウス内にて増殖計画致しまして、、つい先日には、親株以外に

IMG_0318


ここまでの数に増えてくれてます。
この株達がどの時点で開花するのかはわかりませんが、まずは花友さん達へ飛ばす為に秋まで大きくさせないと~~♪




そして、DORAさんからも送って頂いた青っ花と白花のコンフリー



IMG_2704


IMG_2705


大きな葉が展開してきてます~♪





IMG_2706


9cmポット苗で入手したコモンコンフリー
すでに蕾が見えてきました♪
コモンコンフリーの花は薄い紫色がポピュラーみたいです。



そんなこんなで、、今年の我が家はコンフリー御殿になりそうです♪

昨年秋から開花してくれた飛びっきりの青っ花Pycnostachys urticifolia 覚えてますか?
花期が結構長くハウスへ移動してからも開花し続けてくれたのですけど、、やはり当地の冬は厳しかったようです。
発泡スチロール箱に入れて更にすっぽりとプチプチシートで囲って、、冬対策したのが遅すぎでした。


しかーし、、たった1株だけ冬の間も緑色を見せてくれてまして、、




IMG_2534


これは花後、、武器になる位痛いんです。





IMG_2535



IMG_2536



IMG_2537



かろうじて緑の葉が残ってます♪
もしかして種子も採れるかもしれません。

もちろん、植え替えしましたので今後無事根付いてくれるか、、復活を遂げてくれるか とても楽しみです。
種子が採れないようなら節目をカットして挿し芽にトライしてみようと思います。


あぁ、またあの青っ花 見たいですねぇ~~♪

朝から風が強いです~、晴れてはいるのでハウスは開けてきましたが、先程から雪がぁ~~!
山形方面から飛んできてるようです。



ハウス内は晴れると気温が上がりますので、春を通り越して夏になる時も。。。
夜は氷点下の冷え込み、、気温差35度位ありますでしょうか。。
そんな中で、蕾をつけてくれました♪




IMG_2324


昨年の春だったか種蒔きしたプリムラ
秋に9cmポットに上げておきました。




IMG_2323


ちょいボケてしまいましたが、ラックスシリーズのラナンキュラス
真ん中に丸い蕾が見えてきました♪






おまけ

IMG_2326


先日ポット増ししたヘスぺリスの斑入り葉
この株は斑入りが顕著に出ております。



淡いピンク色のお花を咲かせます、うちでは夏を乗り切り宿根してくれました。
更に種をこぼして発芽したのを拾った中のひとつがこれです。


朝からよく晴れておりますが、、段々と怪しい雲行きに~~!
雲ひとつない青空だったので、、これで夕方から大雪予報、、とても信じられないです。



昨日、発見しました♪



IMG_2207


嬉しい発芽です。

実は秋の終わりにハウスの片付けをしていた時、残っていた種子が出てきて、、ダメ元で蒔いてみました。
昨年も同じ頃だったか、、春だったか蒔いて育苗しているのが・・




IMG_2221


屋外にて越冬中です。
白花が咲くはず、、です。


種子からの発芽は本当に嬉しいものですね~♪

このページのトップヘ