Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

カテゴリ: 原種系





今日もまずまずの作業日和、それでもやることてんこ盛り、、んが、出来たのはほんのわずかです。
段々と焦りの色がぁ~~!
本格的に球根類の植え付けは10月に入ってからの予定なのでそれまでに庭の草取りをして土壌をできるだけ改良しておかないと~と思ってます。
原種チューを購入しているので毎年咲いてくれている場所に地植えする計画。




ほんのわずかの作業はと言うと、、発根してきたヘレボの種子を蒔いた、、17品種分。
発根しすぎてしまい、長いのは3cm位あった、、、ので丁寧に植え込みました。



そして、ふと、昨年輸入した四川省産チベタヌスがどんな状態なのか、、見てみました。
今年は庭の数か所に置いてどの場所が一番適所なのかを見極めたかったのです。
夏に雨が多く冷夏でしたが、、5~7月に暑い時期がありましたね。



IMG_3533



IMG_3535



IMG_3536



IMG_3537



IMG_3538


どの鉢もほとんど生きておりました♪
そして、見ての通り、芽がしっかりとわかります。
この時期にこの位の芽だと確実に花芽になります。 これからぷっくりと時間をかけて膨らんでいくんです。

画像は表土をどかして撮りましたので、地上部には出てきておりません。
しっかり寒さに当ててからハウスへ取り込むと開花が早いかもしれませんね。


やはり四川省産は強いですね。
ちなみに某所から数年前に買った甘粛省産チベは開花することもなく生きてはいるけど芽が小さいです。
こんなにも違う事に驚きましたね~。

濃い花色も良いですが、淡い桜ピンクのチベタヌスは魅力あります♪
今季も注文しておりましたので、良い株が早い時期に入荷しないかと期待しております。


昨日に続き朝からよく晴れました、気温も二桁に届いたようでハウスをあちこち開けての作業でした。
作業の始めは、種子を播種し、発芽した苗達が小さかった為に15cmロングポットにそっくり植えておいた原種、ヘルツェゴビナスの植え替えです。


★TCM12-482 Tomさん由来の種子  H.murutifidus subsp.hercegovinus 
 採取地:Montenegro,W of Velusi;1000m となってます。



IMG_2452


7つの苗が育っておりました。
水色のラベルは長さ9cmです、比較してもらえるでしょうか。






IMG_2454



IMG_2456


葉の切れ込み具合もなかなかのもんです♪

葉色も・・・

IMG_2455


ラベル紛失株と比べても違いがわかります。
この株ももしかして同じなのか、、とも思いましたが、、葉の切れ込み具合や葉色が違いますね。





おまけ

IMG_2457

これはTomさん印のトルカータス、苗での入手でした。
蕾があるんじゃないかと思うほどの膨らみだったんですよーー!
期待していたんですけど、、葉芽でした。。  でもこの葉がこれで一枚?? どんなん切れ込みのある葉なのでしょう!

展開してきたらまた載せたいです。

今季は中国から四川省産チベタヌスを輸入致しました。
やはり今まで市場に出回っていた甘粛省産チベタより我が家の気候下&管理の仕方では四川省産の方が生き残る確率が高くなってます。



第一弾が白花タイプ、第二弾も白花タイプ、第三弾がピンク系、 白花タイプと言っても本当の真っ白が咲く訳ではないと思っております。
中には稀に真っ白の花があるかもしれないとは思っておりますが、、白っぽい感じ?程度に思っていた方が良いかと思います。


第二弾の時は、花芽:3の株だったので、それなりに大きな株でした。


IMG_2337


この鉢には2株植えておりすでに葉が展開してきております。





IMG_2345

一方、こちらは第三弾で輸入した方の通常のピンク系タイプ
実は花芽:5の大株なんです。 なので、葉芽も同じ数以上についておりまして、、これで1株なんです。

本当はこの大株を注文していたんですが、数が足りなくなったとかで花芽の少ない株を送ってきちゃいまして急遽特価にて販売したと言う訳です。




今季輸入した四川省産チベタヌスは、夏越しが勝負です、根の状態はとても良かったので条件が揃えば来シーズンそれなりの良い花が咲くはず?です。
自宅に移動して夏越しさせようと思います。 





おまけ


IMG_2341


原種繋がりで・・ この本葉の葉色がぁ~~美しすぎますぅーーー!!
こういうのに弱いboomamaなのです~。
実は、イタリアヘレボ(イストリアクス)×イストリアクスLD305交配種子の発芽なんです。
両方に香りがあるので、香りの株を作りたいなぁ~と交配したのですが、まさか葉色までこんなに魅力あるとは思っておりませんでした。
新葉が銅葉色になるのは、種親のイタリアヘレボなのですが、その血を受けついでいるのでしょうか。

今後が楽しみな苗達です。


蕾が色づき咲き始めてから1ヵ月以上経ちましたが、最後の花が色づいております♪




IMG_2322


最初の花の色づきが咲き進むにつれて薄くなってきました。
画像右上にある花がおそらく最後の花です。
株の温存を第一に考えたので、花粉は使いましたが、セルフで種子は敢えて採っておりません。


この後、自生地の写真で見るような種袋が見られるのでしょうか、、結実しないと膨らんでこないのでしょうか。
まだまだ楽しみは続きます。






おまけ


IMG_2330

血管ヘレボ(笑)、日当たり良い場所に移動したら血管があまり目立たなくなってしまいました。
どうやらシングルだったようです。




そろそろ自宅の鉢植え、地植えのヘレボ達が蕾を上げてきました♪
3月の声を聞くと一気に庭も春めいてきます。
早春の花達のお目覚めが楽しみです。

天気が良かったので無加温フレームカバーを開けて水遣りした際、思わず撮ってしまいました。


IMG_2302


昨年秋輸入のイストLD305ですが、花粉がかなり吹いてきたんでクンクンしてみたら・・・
まぁ~~良い香り♪

誰か交配相手がいないかなぁ~と見回したんですけど、、やっぱりセルフしかありませんね。
交配予定はなかったけれど、、種子を採る事に致しました。


今日は雲がかかる時間もありましたが晴れました、風もなく穏やかに感じられました。
自宅に居る発芽から3年目のH.vesicariusの実生苗ですが、2株生存してまして、、夏越しもうまく出来昨年秋に植え替えをし、無事にお目覚めしてきた苗達です。


昨年秋に根の状態を見た所、1株はとても短く、もう1株はそれなりに根が張っておりました。
お目覚めしてきたのは良いのですが、やはり根の短かった方の生長はいまいちです。




IMG_2297

これでもやっと2枚目の葉が展開してきてくれたんです。
一旦は消えてしまうんじゃないかと諦めていたんですけどね。





IMG_2296


この株は根の張りが良かった方です。



IMG_2295


嬉しい3枚目の葉が見えてきました♪

今季はなるべく多くの葉を展開させたいですね~♪
っで、夏越しさせて秋にまた根の状態を見る事になります。



今日は1日を通して風が強かったです。
春の嵐、、とまでは行かないかもしれないけれど、、顔が埃まみれになった気分、、すぐ洗顔しました。


雲が出てる時間もありましたが陽ざしもたっぷり♪
風向きを考えてハウスを開けました。



自宅に置いてるヘレボ達にも続々と変化がぁ~~♪


昨年秋にUKから輸入したH.istracus LD305 咲きましたぁ♪




IMG_2268



IMG_2269


おっと私の指が画像の大半を占めてしまってる。。
何が言いたいかと、、ネクタリーを見てほしいんです~♪
それと花弁の縁の色が抜けているんですよ~~

そして、しっかり香りもありますよ~~♪
花弁に切れ込み?がありますが、、形としては良い方だと思いますが。








IMG_2264


ちょぃピンボケになっちゃいました。
待ちに待ったTM08-016トルカータス
実際の方が蕾のベインが濃いんですよ~~♪






おまけ


IMG_2267


2011年3月震災前に届いたAshwoodの四川省産チベタヌス
鉢植え(それもスリット鉢)で6年も維持してるってやはり四川省産は強いですね~♪
甘粛省産は完全に作落ちしてしまい、、瀕死状態で生きてるだけってのが多いんですが、四川省産は開花しなくても元気な葉を展開してきてくれます。



久しぶりに開花中のH.vesicariusです。




IMG_2241


いつの間にか、花茎がのびてきてました♪




はぃ、花粉使ってますよ~~♪
秘密の交配です(笑




IMG_2242


花は全部で8つですね。





そして、根元付近を探してみると・・




IMG_2243


ここに2つの新芽が待機してます。
先日載せた新葉を入れて3つの芽がわかりました、これでうまく来シーズンまで生きていてくれるようにお世話致しましょう。



種子も採りたい所ですが、、株の消耗を考えると花粉を使うだけで良いかなぁ~と。
以前、Willさんから種子を購入しているのでそっちの発芽が先ですかね。


予報に反して雪は少なかったです。 朝は10cm位の湿った雪が積もっておりましたが、陽ざしが出たのでだいぶ融けました。

午後にはまた雲ってきましたが、、一応ハウスは一旦開けて熱い空気を逃がしてやりました。



さて、前に今季輸入の四川省産チベタヌスが1輪だけ咲いた画像を載せましたが、あれから明るく陽ざしも当たる場所に移動しておきました。
1週間は経つと思いますが、、、




IMG_2196


小さいながらもほぼ同じ色で維持してます。
こうなるとやはり個体差で本来もこの色なのかも??



来シーズン、しっかり開花させたいですね。




開花中のvesicariusですが、水遣りをしていて発見しちゃいました!



IMG_2197


いつの間にか株の左側に新たな芽が出ておりました♪




IMG_2198


以前見つけていた新芽もまだ健在です♪


これで2つの新たな芽がある事がわかりました、来シーズンに繋がりますねぇ~~♪
ところで、開花中の花なのですが、、花粉が出ているのか出てないのか、、さっぱりわからないんです。
ハイブリの蕊とは違い、花粉がはっきりわからないんです。
さて、困りました、、取り敢えず晴れた日に採取してみることにします。


このページのトップヘ