Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

タグ:チベタヌス





今日もまずまずの作業日和、それでもやることてんこ盛り、、んが、出来たのはほんのわずかです。
段々と焦りの色がぁ~~!
本格的に球根類の植え付けは10月に入ってからの予定なのでそれまでに庭の草取りをして土壌をできるだけ改良しておかないと~と思ってます。
原種チューを購入しているので毎年咲いてくれている場所に地植えする計画。




ほんのわずかの作業はと言うと、、発根してきたヘレボの種子を蒔いた、、17品種分。
発根しすぎてしまい、長いのは3cm位あった、、、ので丁寧に植え込みました。



そして、ふと、昨年輸入した四川省産チベタヌスがどんな状態なのか、、見てみました。
今年は庭の数か所に置いてどの場所が一番適所なのかを見極めたかったのです。
夏に雨が多く冷夏でしたが、、5~7月に暑い時期がありましたね。



IMG_3533



IMG_3535



IMG_3536



IMG_3537



IMG_3538


どの鉢もほとんど生きておりました♪
そして、見ての通り、芽がしっかりとわかります。
この時期にこの位の芽だと確実に花芽になります。 これからぷっくりと時間をかけて膨らんでいくんです。

画像は表土をどかして撮りましたので、地上部には出てきておりません。
しっかり寒さに当ててからハウスへ取り込むと開花が早いかもしれませんね。


やはり四川省産は強いですね。
ちなみに某所から数年前に買った甘粛省産チベは開花することもなく生きてはいるけど芽が小さいです。
こんなにも違う事に驚きましたね~。

濃い花色も良いですが、淡い桜ピンクのチベタヌスは魅力あります♪
今季も注文しておりましたので、良い株が早い時期に入荷しないかと期待しております。


今季は中国から四川省産チベタヌスを輸入致しました。
やはり今まで市場に出回っていた甘粛省産チベタより我が家の気候下&管理の仕方では四川省産の方が生き残る確率が高くなってます。



第一弾が白花タイプ、第二弾も白花タイプ、第三弾がピンク系、 白花タイプと言っても本当の真っ白が咲く訳ではないと思っております。
中には稀に真っ白の花があるかもしれないとは思っておりますが、、白っぽい感じ?程度に思っていた方が良いかと思います。


第二弾の時は、花芽:3の株だったので、それなりに大きな株でした。


IMG_2337


この鉢には2株植えておりすでに葉が展開してきております。





IMG_2345

一方、こちらは第三弾で輸入した方の通常のピンク系タイプ
実は花芽:5の大株なんです。 なので、葉芽も同じ数以上についておりまして、、これで1株なんです。

本当はこの大株を注文していたんですが、数が足りなくなったとかで花芽の少ない株を送ってきちゃいまして急遽特価にて販売したと言う訳です。




今季輸入した四川省産チベタヌスは、夏越しが勝負です、根の状態はとても良かったので条件が揃えば来シーズンそれなりの良い花が咲くはず?です。
自宅に移動して夏越しさせようと思います。 





おまけ


IMG_2341


原種繋がりで・・ この本葉の葉色がぁ~~美しすぎますぅーーー!!
こういうのに弱いboomamaなのです~。
実は、イタリアヘレボ(イストリアクス)×イストリアクスLD305交配種子の発芽なんです。
両方に香りがあるので、香りの株を作りたいなぁ~と交配したのですが、まさか葉色までこんなに魅力あるとは思っておりませんでした。
新葉が銅葉色になるのは、種親のイタリアヘレボなのですが、その血を受けついでいるのでしょうか。

今後が楽しみな苗達です。


今日は1日を通して風が強かったです。
春の嵐、、とまでは行かないかもしれないけれど、、顔が埃まみれになった気分、、すぐ洗顔しました。


雲が出てる時間もありましたが陽ざしもたっぷり♪
風向きを考えてハウスを開けました。



自宅に置いてるヘレボ達にも続々と変化がぁ~~♪


昨年秋にUKから輸入したH.istracus LD305 咲きましたぁ♪




IMG_2268



IMG_2269


おっと私の指が画像の大半を占めてしまってる。。
何が言いたいかと、、ネクタリーを見てほしいんです~♪
それと花弁の縁の色が抜けているんですよ~~

そして、しっかり香りもありますよ~~♪
花弁に切れ込み?がありますが、、形としては良い方だと思いますが。








IMG_2264


ちょぃピンボケになっちゃいました。
待ちに待ったTM08-016トルカータス
実際の方が蕾のベインが濃いんですよ~~♪






おまけ


IMG_2267


2011年3月震災前に届いたAshwoodの四川省産チベタヌス
鉢植え(それもスリット鉢)で6年も維持してるってやはり四川省産は強いですね~♪
甘粛省産は完全に作落ちしてしまい、、瀕死状態で生きてるだけってのが多いんですが、四川省産は開花しなくても元気な葉を展開してきてくれます。



前記事でも書きましたが、第3弾中国から輸入苗が到着致しました。
注文していたものと違う状況で到着してしまい、、、色々悩んだ末、超~特価で販売する事に致しました。

本当は自分用に購入したのですが、、、総合計の芽数はあってるようなのですけど、、バラバラの芽で、数だけ多く届いてしまいました。
がっくしです。。

と言う事で、四川省産チベタヌス(花色は通常のもの)、花芽、葉芽はそれぞれ株によって違いますが、だいたい合計3芽前後と思って頂ければいいかと思います。



IMG_0273


画像は3株です。
こんな風に花芽が傷んでしまったものがほとんどでしょうか。
根の状態は比較的良好だと思います、短い根の株もありましたがそれは販売しておりません。


すべて、12cmロングポットに仮植えしてます。
限定:12ポットのみの販売です。

価格はなんと税込:540円ですよ~~


地植えで栽培しようか、、なんて方には最適ではないでしょうか~~♪
ぜひこの機会に入手して頂きたいと思います。

尚、販売は2/26(日)までの期間になります。
完売した場合はその時点で終了となります。 今季はこれが最後の輸入です、お見逃しなく~~♪


※UPした当日に完売となりました、ありがとうございました<(_ _)>

予報に反して雪は少なかったです。 朝は10cm位の湿った雪が積もっておりましたが、陽ざしが出たのでだいぶ融けました。

午後にはまた雲ってきましたが、、一応ハウスは一旦開けて熱い空気を逃がしてやりました。



さて、前に今季輸入の四川省産チベタヌスが1輪だけ咲いた画像を載せましたが、あれから明るく陽ざしも当たる場所に移動しておきました。
1週間は経つと思いますが、、、




IMG_2196


小さいながらもほぼ同じ色で維持してます。
こうなるとやはり個体差で本来もこの色なのかも??



来シーズン、しっかり開花させたいですね。




今日は予報に反して昼過ぎまで晴れて気温が上がりました。
車の温度計は12℃まで表示されておりました。

ただ、その後は雲行きが怪しくなり大粒の雨! 慌ててハウスを閉めてきましたが、、それから夕方にはまた晴れたり、、変な天気でした。



さて、午前中いっぱいハウスでの作業をしていたのでデジしてきました♪


前に載せた白っぽい花のチベタヌスですが、今回はコンデジで撮ってきました。
前のはスマホでの画像。




IMG_2166



IMG_2167

真っ白ではないけれどピンクでもありません。
よく見ると花粉がぁ~~! あらら、もったいない?? ってお相手がぁ~~!


来シーズンはどんな変身があるのかとても楽しみです♪


今日は風が強かったものの次第に晴れてきたので気温が上がりました。
雪もだいぶ融けて道路の両端のみになりました。
当然ハウスも開けてきましたが、驚きの発見がありました!




IMG_0250


昨年末に中国から到着した白花系の四川省産チベタヌスです。
残っていた株の中でこの花だけがひっそりと咲いていたのです♪

まぁ、ハウス内に置いてたので紫外線が強い状態ではありません。
そのせいで白っぽい花が咲いたのかもしれませんが、、それなりに咲いた事がとても嬉しかったです♪

ほんのりピンクの筋が見えます、ピンクがかっている感じもありますので来シーズンぜひとも開花させたいです!
地上部に比べ根の状態が良かったので体力はあるんだと思います。
さてさて、来シーズン 白っぽい花が咲くのでしょうか?


ちなみに●フオクにてとある方が出品されていたチベタヌスも白っぽい地にピンクの筋が入ったものでした。
1年以上養生した株だったのでやはり個体差はあれど白花は実在する!と確信いたしました。
イギリス在住の方もブログで白地にピンクの筋のチベタヌスを記事にされておりましたので期待は持てると思います。

ただ、本来花弁と言っているのはガクなので、育ってる環境等で変化してしまうかもしれません。

キンポウゲ科は魅力ありますねぇ~~♪

今日は朝から曇り空でしたが次第に晴れてきました。その後も曇ったり晴れたりの繰り返し。
雪もだいぶ解けました。

晴れたのでハウスを開けてきましたが、風はまだ冷たくハウスの天井を開けた位でちょうど良かったです。




さて、第2弾中国から四川省産チベタヌス(白花バージョン?)が到着致しました。
到着して1日消毒後、植え付けしてハウス内で過ごしてもらってます。
植え付けからすでに1週間になろうとしております。



IMG_2031



IMG_2032


真っ白な花のチベタヌスは実際自生地にはあるのでしょうか??



IMG_2033



IMG_2034


この2画像は国内栽培株、四川省産と思われます。





IMG_0515



この蕾、結構濃いピンクです。
Ashwoodから輸入したチベタヌスです。(四川省産と思われます)


こうしてみると四川省産でも花色が濃い個体、薄い個体があるのは間違いないと思うんです。
栽培環境や気候にも左右される花色なので、何とも言えない部分もありますが。



実際の所、明るいハウス内で苞葉の色は緑色のままです。
また葉色も赤みがありません(これは四川省産特有のものかもしれませんが。
中国のナーセリーから輸入したのですが、販売画像を見ると真っ白ではありませんね、ほんのりピンクがかっていてベインは入っておりませんでした。

っと言う事で今回輸入分に余剰が若干ありますので興味のある方はメールにてご連絡くださいませ~♪

メアド:boomama%m12.alpha-net.ne.jp    (%を@に置き換えて下さいね)

だいぶ蕾がはっきりとわかるように、花色がわかるようになってきました♪

今季は株数は昨シーズンより少ないものの、、開花する株が多いのでとても楽しみです。
親株も販売致しますよ~~


IMG_1910


とても濃いオレンジ色になるゴールドです。




IMG_1914


シングルですが、淡いアプリピンクのゴールドです。





IMG_1911



今季入手した国内栽培株、花色が見えてきましたがこの色を見ると先日中国から到着した白花タイプのチベタヌスは、色幅がありますがひっくるめて白花ゾーンに入ることがわかりました。


ちなみに



IMG_1895


この株は一番濃い色なのですが、これでも上画像の花色より薄いですね。
四川省産チベタと同じ位ですかね。



IMG_1894


この個体は更に薄い淡いピンク系です。

今回の輸入株はどれも根の状態が良くこれからの生長に期待が持てます♪
メールでのお問い合わせからだいぶ売れましたので残りはわずかとなります、気になる方は早めにメールを入れてくださいませ~♪

ちなみに上画像の2個体は販売中です。

今日は午前中は晴れましたが午後からは曇り空になり風が強くなりました。
明日は1日を通して晴れる予想になってます。ただ気温は最高が5℃と、、低いですね。



さて、待ちに待ったものがやっと中国から到着致しました♪
白花タイプのチベタヌスです。



本当に白花なんてあるのか疑問に思っておりましたので実際見てかなり興奮?しております。
数年前に某所にて白花チベタヌスの苗を5,000円で購入しましたが翌年開花したらピンク色、通常輸入されている花色と同じでした。
そんな事があったので、半信半疑でおりました。




輸入株なので裸苗です。
花芽も傷んでいたり、根の長いものから短いものまで色々です。

花色も甘粛省産のチベタヌスの花色よりは間違いなく薄い花色あるいは白なのです。


IMG_0196




IMG_0198



IMG_0199


2枚目の花色は電灯の関係でピンク系に映っておりますが、薄いピンクにそれより濃いピンクの筋が入ってます。



今回輸入した株は数に限りがありますので、ご興味のある方はメールにてお問い合わせ下さいませ。

メールアドレス:boomama%m12.alpha-net.ne.jp  (%を@に変えて下さいね)

値段等詳細をお知らせいたします。

このページのトップヘ