Boomamaの日々

Boomamaの日々の出来事、同居のにゃんこ達、庭のお花達のことなどをつらつらと~~

タグ:新入りのお花たち



IMG_3222


昨日まで蕾だったOxalis laciniata 'Purple' 咲きました
考えてみると一番最初に咲いたのもこの’Purple'だったんです。 最後もこの株で締めてもらいました。
高い気温下なのに良い花色、良い形で咲いてくれました♪

ん? 蕊がなんか変? 画像を撮る時に小さなコオロギの赤ちゃんが花の中心にいたんです、、食べられた??

根茎を輸入したのが2月だったので、お目覚めから葉の展開、蕾、色づき、開花までかなりの記事をUPしてきました。
ほぼ5ヶ月間 楽しませてもらった事になります。 
悲しい事もありましたが、感動した事も多々ありましたので想い出に残る年になりそうです。







この春に種子を入手し、5/6蒔いていた新品種?ナスタ・カメレオン、咲き始めました♪
カメレオンと名がつくので、何かが変化してくるのか??
まずは開花初日の画像を記録しておきましょう。



大鉢に種を蒔いたので、その中の3株が咲き始めてます。
ちなみにどれも同じに見えますね。





IMG_3219




IMG_3220



イエロー気味のクリーム地に赤?エンジの模様が入ってます。
初めて見る模様です~。



これから何か変化があるのか、、はたまたそのままなのか、、わかりませんが、記録していこうと思います。




雨は昨夜と明け方に降り、、午前中は湿度が高く不快指数もかなり高かったです。
昼頃から冷たい風が入るようになり、、夕方には晴れ間ものぞいて、、またこの時間風がなくなり、、もわぁっとしてます。




昨年7月、ヤフオ●にて入手した苗が夏、冬を越して春に新葉が出てきたので植え替えしておりました。
ふと先程ですが、開花しているのを発見です。




IMG_0705





IMG_0706



Claytonia megarhiza
小さな花です♪
スベリヒユ科なので葉の質感がレウィーシアに似てます。






昨日咲かなかったNo.26 開きましたぁ♪




IMG_3213



IMG_3214


良い花色です♪
花弁が乱れてます、、 撮影してからやれば良かったのに、、先に綿棒で・・・(花の中心部に若干乱れが。。)


そして、一番最初に開花した株だと思うのですけど、、






IMG_3218


また蕾がぁ~♪ ラベルには 'Purple'




すでに花が終わってしまったNo.22





IMG_3215


ダメ元で綿棒で受粉させておりました。
まだ花が落ちてませんが、、根元を触ってみると膨らんでおりました! わぁ、種子が採れる??
嬉しいですね~~♪
1花 失敗してますので今度は失敗しないように採らないといけません。



今季入手したOxalis laciniataですが、初めて栽培しているので生長サイクル等がわかっておりません。
9月になったら全株の用土を落として植え替えしようと思います。
もちろん用土も変えないと~~、、今回は小粒メインだったので、、中粒も使った方が良いような気がしました。
植え替え時には、根茎の様子とか、、また記事にしたいと思ってます。





前記事に載せたOxalis laciniataの蕾ですが、今日は開花しませんでした。




IMG_3194


ラベルを見るとNo.26となってます。
どう見ても青い花に間違いなさそうです。

何が良かったのか、、春からポツポツと蕾を上げて2ヵ月以上楽しませてくれましたね。
もう1株、蕾を上げてきたのも発見してビックリしてます。





おまけ


IMG_3211


どうやらたったひとつしか発芽しなかったようです。
悲しい、、、確か20粒は蒔いた記憶があるのですけどねぇ~~。
もう少し早い時期に蒔いておくべきでした。。


オーストラリアに自生している別名:Camel Bush  学名:Trichodesma zeylanicum
水色の花が咲くんですよ~~♪ 耐寒性はUSDAZone:9(だったかな) ハウス内ならギリギリセーフでしょうか。





昼頃から陽ざしが出てきて、、気温上がりましたね~。
湿度が高いです。。




IMG_3183



画像中央に見える小さな蕾のようなもの、、、これってやはり蕾なのでしょうか。(6/26撮影)
Oxalis 'IoneHecker'




IMG_3192


これが今撮ってきた画像です。 変化ないなぁ~~。。






そして、またまたlaciniataの1株にも蕾らしきものが♪



IMG_3190


まともな花が咲くかどうかわかりませんが、明日あたり、、でしょうか。
これもまた楽しみです~♪





ところで、余談ですが、、、西隣のおばちゃん またまたうちとの境界部分(隣の土留めとうちのフェンスの間)に生えてる雑草(八重ドクダミも含む)を抜いてはフェンス越しにうちの敷地に放り投げております。
何もうちの敷地なら抜く必要もないんですけどねぇ~

おそらく数日前の事だと思います。
今までもそうでしたが、隣ではうちとの境界に生垣にような様々な植物が植えてあるんですね。
定期的にそれを剪定等するんですけど、、必ずフェンスとの隙間から落ちているんですわ。
特にカーポートだとコンクリートなのですぐにわかる訳で。。
で、見つけると集めて何気に隣の前の道路に置いてたんです。
隣は庭の手入れをする時抜いた雑草とか剪定した枝等を前の道路に全部出していわゆる私有化しております。
すぐに片付ければ問題ないのですけど夕方まで放っておかれると、、、。
道路の半分位を占める時もあったり、、さすがに閉口しましたね。

っで、数日前に水仙の葉をカットしたらしく数本がカーポートに落ちておりました。
すぐにわかったので集めて、今回は自分の車の前に置いてたんです。

すると、いつの間にかそれが全部綺麗になくなってたんです。
おそらくその仕返しで雑草を「お宅のよ!」っと投げ入れていたんではないのかなぁ~と。
言われてみると、、その頃、車をバックでカーポートに入れようとしていた時に、おばちゃんの視線を感じ、見ると自分の庭の木々の間から睨みつけられていた事があったんですわ。


っで、どういう訳か昨日も今日もあたしがデッキに出たり、外に出たりするとすぐに声が聞こえるんですよ。
どう考えてもわざととしか思えませんねぇ~。
うるさいク●いぬに話しかけておりますねぇ~~。(●にはお好きな言葉を入れて下さい)

こういう時は知らん顔するのが一番です。
と言いつつ、、今日は1日頭にきてました!(笑



IMG_3160




このポット、15cmロングポットです。


今年種子を輸入し蒔いたScilla madarensis、 葉がだいぶ生長してきました♪
耐寒性は強くないようなので、、おそらく地上部はなくならないようにしなくてはいけないんじゃないかと。
大きくなるScillみたいだけどできるだけコンパクトに咲かせたいですね~。


Scorophularia auriculata Variegata

一昨年、苗を入手しプラ鉢に植えておりましたが、昨年は花茎が上がらず、、咲きませんでした。
それが今年はやっと花茎が上がり、、、ポツポツですが、咲いてきました♪





IMG_0698



葉はこ~んな感じでとても美しいです♪






IMG_0697


陽当たりがいまいちなので間延びしちゃってますが、小さな可愛い花を咲かせてくれてます♪

できれば種子を採りたいですね~♪
そして、夏越ししてもらい、来年もまた咲いてほしいです。


このバリエではない緑葉タイプの方なら種子を確保してるんですけどね。
どこだったかなぁ~ワイルドフラワーって書いてあったような~~。


















今年中国から四川省産チベタヌスと一緒に輸入したプリムラ2種。
根を消毒してから植え付けましたが、、初めてなので、数か所に分けて管理しております。



IMG_3154


今の所 順調な株です。
数株輸入したのですが、雨に濡れた株は根腐れしてしまいました。






IMG_3155



葉色が魅力的なプリムラです。
確かどちらも花は青色系だったような記憶があります。


届いた時点では、蕾をつけていた株もありましたが、ひとつとして咲かせる事が出来ませんでした。
根を張ってもらい、来春しっかりした花を咲かせてほしいです。
まずは夏越しですね。




今日はほぼ予報通りです。
昼を中心に晴れましたがそれ以外は曇り、、22℃予想でした。



はっきりしない天気と低気圧の通過が影響してるのか、、毎日頭痛がひどくて参ってます。
毎年この時期はそうなのですが、やはり咳もひどく、、処方された咳止めが必須です。
ストレス、埃(掃除が出来ておりません)、自律神経の乱れ、、様々な原因が考えられるそうで、、それが原因で喉が異常に反応しちゃうみたいで咳が出るようです。




さて、昨日の記事で、Oxalis laciniata No.22の蕾を載せましたが、今朝開いておりました♪




IMG_0700





IMG_3153


上が一眼、下がコンデジです。
コンデジの方が青が強いですね、実際は一眼の方の色が同じでしょうか。


そして、やっとお茶袋に何か入っているようだったので、収穫?してみました。
見たら、、、ちょっと早かったようです。。 そして、何を感じ違いしたのか、、まだ弾けてない種袋の茎をカットしてしまいました。
熟してくれるのを待つしかありませんね。。



このページのトップヘ